URLおよびvCard形式のバーコードを読み取る

このRayBarcodeのサンプルでは、URLおよびvCard形式のバーコードを読み取ることができます。このサンプルは「Beta版」の読み取り機能を使用するため、「RayKit」アプリが不要です。代わりに、バーコードを撮影した写真をアップロードする操作が必要です。

このサンプルでは次の操作が可能です。

  • Salesforce sObject IDを含むURLのスキャン
  • 一般的なURLのスキャン
  • vCard形式の文字列のスキャン

サンプルの構成

このサンプルでは次のファイルを使用します。

Lightningコンポーネントバンドル

  • ScanBarcodeApp
  • ScanBarcodeComponent

Apexクラス

  • ScanBarcodeComponentController
  • ScanBarcodeComponentControllerTest

静的リソース

  • vcardParser

サンプルの実行

このサンプルはPC(Mac)のブラウザで以下のURLを開くだけで試すことができます。

https://[YOUR INSTANCE or CUSTOM DOMAIN].lightning.force.com/c/ScanBarcodeApp.app

また、ScanBarcodeComponentコンポーネントを含む新しいLightningコンポーネントタブを作成することで、Salesforce1アプリがインストールされているモバイルデバイス上でもこのサンプルを使用できます。

予めQRコードの写った写真をスマートフォンなどで撮影し、ファイルとしてPCに保存します。「ファイルを選択」をクリックして、その写真をアップロードすると、ただちに読み取りが実行されます。

読み取りに成功した場合:Scan the barcode successfully. The barcode contains the following information:(日本語訳:バーコードの読み取りに成功しました。このバーコードは次の情報を含んでいます:)

読み取りに失敗した場合:Scan barcode failure, please choose another image.(日本語訳:バーコードの読み取りに失敗しました。別の画像を選択してください。)

アップロードした写真はその場でバーコードの読み取り操作にのみ使用され、Salesforceには保存されません。

Salesforce sObject IDを含むURLのスキャン

「取引先または取引先責任者のレコードをバーコードとして表示」のサンプルでSalesforce sObject IDを含むURLのバーコードを表示することができます。

モバイルデバイスを使用して、SalesForce1アプリでこのバーコードをスキャンすると、取引先または取引先責任者の詳細ページが表示されます。

一般的なURLのスキャン

一般的なURLのバーコードをスキャンすると、そのURLへジャンプすることができます。

vCard形式の文字列のスキャン

連絡先をvCard形式で表示するのサンプルでvCard形式の文字列のバーコードを表示することができます。このvCard形式の文字列のバーコードをスキャンすると、取引先責任者にレコードが追加されます。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.