レコードをバーコードとして表示する

このRayBarcodeのサンプルでは、「取引先」または「取引先責任者」のページレイアウトに「Barcode」ボタンを追加できます。このボタンを「取引先」のレコードや「取引先責任者」のレコードでクリックすると、そのレコードのURLをQRコード化して表示します。

このサンプルではGcBarcodeVFコンポーネントを使用しています。

サンプルの構成

このサンプルでは次のファイルを使用します。

v4.1.7より前のバージョン(旧)とv4.1.7以降のバージョン(新)で提供するサンプルにおいてサンプルを構成するリソース名が異なります。以下ではリソース名の後ろに”旧”と”新”をつけて区分しています。

Visualforceページ

  • AccountBarcodePage(旧)、GCSampleAccountBarcodePage(新)
  • ContactBarcodePage(旧)、GCSampleContactBarcodePage(新)

「取引先」のボタンまたはリンク

  • Barcode(旧)、GCSampleBarcode(新)

「取引先責任者」のボタンまたはリンク

  • Barcode(旧)、GCSampleBarcode(新)

Apexクラス

  • BarcodePageExtension(旧)、GCSampleBarcodePageExtension(新)
  • BarcodePageExtensionTest(旧)、GCSampleBarcodePageExtensionTest(新)

サンプルは削除可能です。サンプルコードを直接参照したり、変更したりすると、サンプルの削除により修正内容が失われる可能性があります。サンプルを再利用する場合には、コピーを作成してご利用ください。

サンプルの使い方

このサンプルを動作させるには、以下の手順を実行して「取引先」または「取引先責任者」ページにカスタムボタンを追加します。

  1. Salesforceの画面を、Salesforce Classicに切り替える。
  2. 「設定 > ビルド > カスタマイズ > 取引先 > ページレイアウト」に移動する。
  3. 左ペインで「ボタン」を選択して、「GCSampleBarcode」ボタン(または「Barcode」ボタン)を「取引先の詳細」セクションの「カスタムボタン」領域にドラッグする。
  4. 「GCSampleBarcode」ボタン(または「Barcode」ボタン)は、「カスタムボタン」の下に表示される。
  5. ページレイアウトを保存する。

同様の手順で、「取引先責任者」ページに「GCSampleBarcode」ボタン(または「Barcode」ボタン)を追加します。

GCSampleBarcodeボタン(または「Barcode」ボタン)を押すと、現在の「取引先」または「取引先責任者」レコードのURLのQRCodeを持つVisualforceページが表示されます。

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.