gcbg名前空間

このセクションでは、JavaScript APIのgcbgメンバ インターフェースについて詳述しています。 gcbgのメンバでは、次のJavaScriptインターフェースを提供します。

gcbg モジュール

gcbg.RaySheet クラス

gcbgのメンバの具体的な利用例は次のページを参照してください。

gcbg モジュール


function getRaySheet(id?: string | number)

現在のWebページのRaySheetオブジェクトを取得します。

パラメータ

  • id

    NumberまたはString型です。このパラメータはオプションです。idが未設定の場合は、現在のページの最初のRaySheetオブジェクトを返します。それ以外の場合は、idがインデックスまたはDOM idとして使用され、RaySheetオブジェクトが検索されます。

戻り値

取得したRaySheetオブジェクトを返します。指定したidが見つからない場合はnullを返します。

gcbg.RaySheet クラス


RaySheetオブジェクトのクラスです。SalesforceのレコードをスプレッドシートUIで表示および編集するために使用されます。

function showView(tableName, viewId)

RaySheetに指定したオブジェクトとビューを表示します。指定したオブジェクトまたはビューが見つからない場合、または権限がない場合には警告ダイアログを表示します。

パラメータ

  • object

    表示するオブジェクトを示すString型の値です。有効なSalesforce SObject API名である必要があります。

  • viewId

    オプションです。表示するRaySheetのビューを示すString型の値です。ビューは、指定されたオブジェクトに対してデザインする必要があります。指定されていない場合、このオブジェクトの最初に見つかったビューが表示されます。

戻り値

戻り値はありません。

function refreshLayout()

RaySheetのレイアウトを更新するときに使用します。既定ではWebブラウザのリサイズ後にRaySheetが配置されますが、DOMコンテナが変更された場合には、手動でレイアウトを更新する必要があります。

function onSelectedRecordChanged(handler: (id: string) => void

シートの選択されたレコードが変更されたときにonSelectedRecordChangedを使用してコードを実行できます。

function setUserFilterProvider(providerClass: string)

RaySheetのインスタンスにユーザフィルタプロバイダを設定します。

providerClassは、IUserFilterProviderインターフェイスを実装したユーザーフィルタプロバイダのApexクラス名を示します。 指定されたプロバイダクラスが見つからない場合、RaySheetはユーザフィルタなしで動作します。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.