関連リストを置き換える

ここでは、「どこでもView」の利用例の1つとしてSalesforce標準画面で「関連リスト」の代わりにRaySheetのビューを表示する方法を説明します。関連リストとは、次の図のように取引先レコードにおける「取引先責任者」などを表示する一覧です。「関連リスト」ではレコードの更新などはできませんが、RaySheetと置き換えることでExcelライクな選択操作、コピー&ペースト、レコードの保存操作などが可能になります。

RaySheetのビューを置き換えた結果は、Salesforce ClassicとLightning Experienceの両方で使用できます。

関連リストを置き換えるにはページレイアウトを編集します。ページレイアウトでRaySheetのビューを置き換える手順は次のようになります。

  1. RaySheetのビューを作成する
  2. Visualforceページを作成する
  3. Visualforceページのセキュリティを設定する
  4. ページレイアウトに割り当てる
  5. 結果を確認する

取引先ページに取引先責任者の一覧をRaySheetのビューを表示する方法を例として以下に説明します。

「商談」などの他の標準オブジェクトやユーザ固有のカスタムオブジェクトなどもすべて同じ手順で「関連リスト」の代わりにRaySheetのビューを表示することができます。

Lightning Experienceの場合は、Lightningアプリケーションビルダーを使用してより柔軟に組み込むことができます。

1. RaySheetのビューを作成する

ユーザが取引先ページを開いたときに、関連する取引先責任者の一覧をRaySheetで表示するためのビューを作成します。

  1. 取引先責任者のビューを作成する。この手順で作成したビューを関連リストの代わりに表示します。ビューの作成方法はこちらを参照してください。
  2. 作成したビューに共有を設定する。関連リストをRaySheetのビューで差し替えた取引先ページを参照する全ユーザに共有する必要があります。ビューの共有方法はこちらを参照してください。
  3. 18桁の「ビューID」をメモする。IDの取得についてはビュー情報を参照してください。

2. Visualforceページを作成する

RaySheetのビューを表示するためのVisualforceページを作成します。

  1. Salesforce Classicの場合、「設定 > 開発 > Visualforceページ」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > カスタムコード > Visualforceページ」をクリックする。
  2. 「新規」ボタンをクリックする。
  3. 「表示ラベル」と「名前」に「RaySheetContactList」と記入する。
  4. 「説明」に「RaySheetの関連リストの使用例。」または任意の説明を記入する。
  5. 「Lightning Experience、Lightning コミュニティ、およびモバイルアプリケーションで利用可能」にチェックを入れる。
  6. 「Visualforce Markup」に次の内容を入力する。
    <apex:page standardController="Account" showHeader="true" sidebar="false">
      <div style="position: absolute; left:0; top:0; right: 0; bottom: 0">
        <gcss:Spreadsheet
           ShowTitleBar="false"
           Object="contact"
           ViewId="ここにビューIDを記入する"
           ParentId="{!account.id}"
           ParentField="AccountId"/>
      </div>
    </apex:page>
    
  7. 「ここにビューIDを記入する」の部分に、前項でメモしたビューIDを記入する。
  8. 「保存」ボタンをクリックする。

「RaySheetContactList」Visualforceページを作成できたら、「プレビュー」をクリックしてRaySheetのビューがブラウザの新しいタブに表示されることを確認します。この時点では、parentIdが与えられていないため、すべてのレコードが表示されます。

このVisualforceページはオブジェクトモードが前提です。フォルダモードの場合は、gcss:Spreadsheetコンポーネントの属性”Object”の部分を”FolderId”に変更してください。”FolderId”属性に指定する18桁のIDの値の取得方法についてフォルダのプロパティを参照してください。

Visualforceページに表示するgcss:Spreadsheetタグの属性を変更することで、RaySheetのどの機能をユーザに許可するか指定できます。詳細は「どこでもViewの基本」を参照してください。

3. Visualforceページのセキュリティを設定する

前項で作成したVisualforceページは、既定ではシステム管理者のプロファイルを割り当てられたユーザだけが表示できます。システム管理者以外のプロファイルにも許可するには、Visualforceページのセキュリティを設定します。

  1. Salesforce Classicの場合、「設定 > 開発 > Visualforceページ」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > カスタムコード > Visualforceページ」をクリックする。
  2. 前項で作成した「RaySheetContactList」を見つける。
  3. 「RaySheetContactList」の左側に表示される「セキュリティ」をクリックする。
  4. 左のリストから割り当てるプロファイル、たとえば「標準ユーザ」をクリックして選択し、「>」ボタンをクリックして右のリストに追加する。
  5. 「保存」ボタンをクリックする。

4. ページレイアウトに割り当てる

  1. Salesforce Classicの場合、「設定 > カスタマイズ > 取引先 > ページレイアウト」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > オブジェクトマネージャ > 取引先 > ページレイアウト」をクリックする。
  2. どこでもViewを割り当てたいページレイアウトを選び、「編集」をクリックする。例:Account Layout
  3. 「項目」から「セクション」をドラッグする。
  4. 「セクションプロパティ」が表示されることを確認し、「セクション名」に「取引先責任者(RaySheet)」と記入する。
  5. 「レイアウト」で「1-列」をオンにする。
  6. 「OK」をクリックする。
  7. 「Visualforce ページ」から「RaySheetContactList」をそのセクションにドラッグして配置する。
  8. 配置したVisualforceページの右上の工具アイコンをクリックする。
  9. 「Visualforceページのプロパティ」が表示されることを確認する。
  10. 「高さ(ピクセル単位)」を「500」に変更する。
  11. 「スクロールバーを表示」をオンにする。
  12. 「OK」をクリックする。
  13. ページレイアウトの「保存」をクリックする。

RaySheetを表示するには、少なくとも300ピクセルの高さが必要です。推奨される高さは500ピクセル以上です。

5. 結果を確認する

任意の取引先レコードを開き、「取引先責任者(RaySheet)」セクションを確認します。Excelと同様のセル選択やツールバーやキーボードを使った編集操作が可能なことを確認します。

クリックジャック保護のセキュリティ設定

Salesforceでは既定でVisualforceページのクリックジャック保護はオフになっていますが、オンに設定されていると「どこでもView」が動作しません。この場合、次の手順で無効化します。

  1. Salesforce Classicの場合、「設定 > セキュリティのコントロール > セッションの設定」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > セキュリティ > セッションの設定」をクリックする。
  2. 「セッションの設定」ページで「クリックジャック保護」の「標準ヘッダーがある Visualforce ページのクリックジャック保護を有効化」と「ヘッダーが無効化された Visualforce ページのクリックジャック保護を有効化」を両方ともオフにする。
  3. 「保存」ボタンをクリックする。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.