ビューのデータを再取得する

ここでは、Visualforceページに埋め込んだRaySheetのビューのデータを再取得する方法を説明します。

データ再取得関連のJavaScript API

API 詳細
refresh データを再取得する場合に使用します。
detailTable detailTableオブジェクトを取得します。
actions Actionオブジェクトを取得します。

詳細はJava Script APIのリファレンスを参照してください。

データを再取得する

RaySheetではユーザが「再読み込み」ボタンを押下することで、データを再取得することができますが、JavaScript APIを使用することでコード上で任意のタイミングでデータの再取得を行うことができます。

データの再取得はrefresh functionを使います。引数にtrueまたはfalseを指定することで、未保存の変更チェックの有無を制御できます。

関連オブジェクトのデータを再取得したい場合はdetailTableプロパティを使用します。

// 関連オブジェクトのデータを再取得します。未保存のデータがある場合は破棄してデータの再取得を行います。
var ignoreChanges = true;
var sheet = gcbg.getRaySheet();
sheet.detailTable.actions.refresh(ignoreChanges);
 
// メインオブジェクトのデータを再取得します。未保存のデータがある場合は確認ダイアログが表示されます。
var sheet = gcbg.getRaySheet();
sheet.actions.refresh();
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.