選択したレコードのIDを取得する

ここでは、Visualforceページに埋め込んだRaySheetの選択したレコードのIDを取得する方法を説明します。

選択レコードID取得関連のJavaScript API

API 詳細
getSelectedRecordIds 選択されたレコードのすべてのIDをターゲットテーブルから取得します。
detailTable detailTableオブジェクトを取得します。

詳細はJava Script APIのリファレンスを参照してください。

選択したレコードのIDを取得する

JavaScript APIを使用することでコード上で選択したレコードのIDリストを取得することができます。

レコードIDの取得はgetSelectedRecordIds functionを使います。

関連オブジェクトで選択しているIDリストを取得したい場合はdetailTableプロパティを使用します。

// メインオブジェクトで選択しているレコードIDのリストを取得します。
var sheet = gcbg.getRaySheet();
var selectedIds = sheet.getSelectedRecordIds();
 
// 関連オブジェクトで選択しているレコードIDのリストを取得します。
var sheet = gcbg.getRaySheet();
var selectedIds = sheet.detailTable.getSelectedRecordIds();

getSelectedRecordIds functionは選択されたレコードがない場合は、空の配列を返します。

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.