カスタムフィルターを追加する

Visualforceページに埋め込んだ「どこでもView」で動作するユーザ独自のフィルター(カスタムフィルター)を追加することができます。カスタムフィルターとRaySheetのフィルター機能を組み合わせて利用すること柔軟なレコードの絞り込みを実現できます。

ここでは、カスタムフィルターを追加するために必要なのApexインターフェースとJavaScript APIの使い方を実装例とともに説明します。

カスタムフィルター関連のApexインターフェースとJavaScript API

Apexインターフェース

Apexインターフェース 詳細
IUserFilterProvider ユーザはこのインターフェースを実装して、Apexのロジックを使用してカスタムフィルターを作成できます。
IUserFilterProvider2 ユーザはこのインターフェースを実装して、Apexのロジックを使用してカスタムフィルターを作成できます。UserFilterProviderインターフェースとはパラメータを指定できる点が異なります。
UserFilter RaySheetのユーザフィルターを表します。

JavaScript API

API 詳細
setUserFilterProvider IUserFilterProviderインターフェースまたはIUserFilterProvider2インターフェースを実装したユーザフィルタープロバイダーのApexクラス名をセットします。
setUserFilterProviderContext IUserFilterProvider2インターフェースを実装したユーザフィルタープロバイダーで使用するパラメーターをセットします。

詳細はApexインターフェースのリファレンスJava Script APIのリファレンスを参照してください。

カスタムフィルターの例

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.