システム要件

RaySheetのシステム要件です。

対応Webブラウザ

  • Google Chrome 最新の安定版
  • Microsoft Edge 最新の安定版
  • Mozilla Firefox 最新の安定版
  • Microsoft Internet Explore 11
  • Safari 最新の安定版

Webブラウザの一部には制限事項があります。詳しくは、RaySheetのWebページから「よくある質問」の「ブラウザとの互換性」を参照してください。

Internet Explorer 11でのLightning Experienceのサポートは2020年12月30日に完全に終了するとsalesforce.com, incからアナウンスされています。参考:Microsoft Internet Explorer バージョン 11 を使用した Lightning Experience へのアクセスのサポートの延長

対応環境

  • 使用可能なインタフェース: Salesforce ClassicまたはLightning Experience
  • 使用可能なSalesforceのエディション: Professional、Enterprise、Unlimited、Force.com、DeveloperまたはPerformance
  • 対応環境の一部には制限事項があります。詳しくは、Salesforceとの互換性を参照してください。

ハードウェアの要件

マウスと物理キーボードの両方が必要です。タッチ操作およびソフトウェア キーボードでは操作できない場合があります。

表示言語

RaySheetの画面の表示言語は、Salesforceにログインしているユーザの言語設定によって決まります。

サポートされている:

  • 日本語:Japanese
  • 英語:English

サポートされていないが組み込まれている:

  • 中国語(簡体字):Chinese (simplified Chinese)

実際の画面は次のようになります。オブジェクト名やツールバーのキャプションが言語に応じて切り替わります。一方、Salesforceのデータやユーザが作ったRaySheetのビューは同じものが表示されます。

日本語の場合:

英語の場合:

ユーザの言語設定が日本語、中国語(簡体字)以外の言語の場合、英語で表示されます。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.