スペックシート

RaySheetの仕様です。

システム要件

Salesforceやブラウザの要件はシステム要件を参照してください。

ユーザ

項目 仕様
利用可能なユーザ数の上限 RaySheetのライセンス数の上限まで
複数ユーザによる同時編集 排他制御あり

ビュー

項目 仕様
ビューの名前の上限 80文字
ビューの説明の上限 1,024文字
表示できる列数の上限 Salesforceのオブジェクトの項目数
表示できる関連オブジェクトの上限 Salesforceのオブジェクトの関連オブジェクトの数
1ページに読み込めるレコード数の上限 2,000レコード。2,000レコードを超えると、以降は2,000レコードごとにページングで表示できます。
一度に読み込めるレコード数の上限 1,000,000レコード。1,000,000レコードを超えたぶんは読み込まれません。
一度に保存できるレコード数の上限 1,000レコード
一度にエクスポートできるレコード数の上限 1,000,000レコード
ピン留めできるレコード数の上限 10レコード
スクロール固定できる列数の上限 最終列の1つ前まで
列フィルタに表示される候補の上限 昇順に並び替えた先頭の100項目。100項目を超える結果があるときは、メッセージが表示されます。
ビューの共有先 ユーザ、公開グループ、ロール、ロール&下位ロール(ロール&内部下位ロール)、ロール&内部&パートナー下位ロール、すべてのコミュニティのユーザ

ページングとは、「1,2,3」のように表示されるボタンによるページの切り替えです。

日付

項目 仕様
日付の範囲 1700/01/01~4000/12/31
カレンダーの種類 グレゴリオ暦、和暦
和暦の元号 明治、大正、昭和、平成
和暦の範囲 明治2年~平成99年

日付の範囲はSalesforceと同じです。和暦の範囲は、将来の改元の際にアップデートされます。

時刻

項目 仕様
時刻の範囲 00:00~23:59
時刻の表示 12時間表示と24時間表示

時刻の範囲はSalesforceと同じです。

選択リスト

項目 仕様
項目数の上限 1,000個

選択リストの項目数の上限は、Salesforceの項目数の上限と同じです。

ズーム

項目 仕様
縮小 50%、67%、75%、90%
拡大 110%、125%、150%、175%、200%、250%、300%、400%

「どこでもView」

「どこでもView」とは、SalesforceのVisualforceページを使って、RaySheetのビューをSalesforceの任意の画面に表示する機能です。詳細は「どこでもView」を参照してください。

項目 仕様
最小の高さ 300ピクセル
推奨される最小の高さ 500ピクセル

Salesforce組織に追加される要素

追加される要素は「gcss」という名前空間プレフィックスを持つため、ご利用のSalesforce組織にすでに同名の要素があっても影響しません。また、RaySheetによって追加される要素は、ご利用のSalesforce組織の制限にカウントされません。たとえばSalesforceのProfessional Editionではカスタムオブジェクトの最大数は50ですが、RaySheetによって追加されるカスタムオブジェクトはこの数に含まれません。

権限セット

タブ

  • RaySheet

カスタムオブジェクト

  • Permission
  • Related View
  • RelatedViewSettings
  • Spreadsheet Permission
  • ViewSettings
  • VisibleObject
  • WorkingColumn
  • WorkingColumnData
  • Workspace

SalesforceのAPI要求数

RaySheetは、通常の操作ではSalesforceのAPI要求数が増加しません。SalesforceのリストビューをインポートしてRaySheetのビューを追加する操作に限り、API要求数が増加します。詳細は「リストビューをインポートする」を参照してください。

項目 仕様
通常の操作で増加するAPI要求数 0
リストビューのインポートで増加するAPI要求数 1つのリストビューにつき1

Salesforceの権限

管理には、次のシステム管理者権限が必要です。

権限項目 用途
AppExchange パッケージのダウンロード インストール
パッケージライセンスの管理 ライセンス設定
アプリケーションのカスタマイズ 管理機能

リストビューのインポートには、次のシステム権限が必要です。なお、SalesforceのProfessional EditionでSalesforceの「Web Services API」を購入していない場合、この権限項目の設定を利用できません。この権限項目は「常に利用可」となります。

権限項目 用途
APIの有効化 リストビューをインポートする

「Web Services API」を購入していないProfessional EditionのSalesforce組織で、RaySheetがAPIを利用できるのは不思議に見えるかもしれません。これは、RaySheetがSalesforceのセキュリティレビューに合格し、APIの利用許可を得ているためです。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.