利用領域と機能構成

Salesforceにおける利用領域

RaySheetはSalesforce上で様々な使い方ができる製品です。RaySheetアプリ上で使用する「基本利用」とSalesforceを拡張する「拡張利用」の2つの使い方があります。

基本利用

AppExchangeからインストールしてそのまますぐに利用できます。RaySheetアプリ上でSalesforceのオブジェクトに対してExcelのような一覧インターフェースを作成することができます。

拡張利用

Lightning Platformを利用してあらゆる領域で利用する使い方です。

1.タブ

Salesforce標準のタブから表示できます。

2.Lightningページ

Lightningアプリケーションビルダーで使用できます。

  • ホームページ
  • レコードページ
  • アプリケーションページ

3.Visualforceページ

Visualforceページのコード上で使用できます。

  • 独自のカスタムインターフェースで利用
  • ページレイアウトに組み込み

■拡張利用における設定方法

  利用領域 RaySheetの機能 開発 設定方法
タブ RaySheetPageDesigner
RaySheetPage
ビュー
不要 RaySheetPage Designerを使用してビューを配置したRaySheetPageを作成する。
Lightningページ RaySheetPageDesigner
RaySheetPage
ビュー
不要 RaySheetPage Designerを使用してビューを配置したRaySheetPageを作成する。SalesforceのLightningアプリケーション ビルダーにて、カスタム コンポーネント(RaySheetPage)からプロパティとして設定する。
Visualforceページ ビュー
(どこでもView)
ローコード ビューをSalesforceのVisualforce作成ページにて設定する。

RaySheetの機能と構成

■各機能の定義

  機能 詳細
RaySheetアプリ ビューの設定をデザインして表示・編集する。複数のビューをフォルダで管理する。​各所で利用するビューはRaySheetアプリでデザインする
ビュー SalesforceのオブジェクトをExcelライクに表示・編集できる一覧。RaySheetアプリから設定をデザインする。
どこでもView ビューをVisualforceページに配置して利用する方法。
RaySheetPage Designer RaySheetPageを管理・作成する。複数の作成済ビューをレイアウトしたRaySheetPageを作成する。RaySheetPageはSalesforceのLightningアプリケーションビルダーにて、カスタムコンポーネント(RaySheetPage)からプロパティとして設定可能。​各所で利用するRaySheetPageはRaySheetPage Designerでデザインする。
RaySheetPage 複数のビューを配置したページ。タブメニューで表示したり、Lightningページに配置可能。

■各機能の関連性モデル

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.