データの拡大または縮小表示

Salesforceの画面の大きさやRaySheetのツールバーの大きさを保ったまま、RaySheet上のデータだけを拡大または縮小表示する方法を説明します。

RaySheetのズーム

RaySheetのズーム機能を使うと、タイトルバーやツールバーの大きさを保ったまま、表画面だけを拡大できます。この操作はExcelのズーム機能に似ています。

  1. RaySheetの画面の右上にある歯車アイコンをクリックする。
  2. 表示されたポップアップ画面にある「ズーム」をクリックする。

マイナスの虫眼鏡アイコンをクリックすると表画面を縮小表示します。プラスの虫眼鏡アイコンをクリックすると表画面を拡大表示します。中央のボタンをクリックすると既定の100%の拡大率に戻ります。 ポップアップを閉じるには、ポップアップの画面の外をクリックするか、または歯車アイコンをクリックします。

ブラウザのズーム

ブラウザの機能を使って、RaySheetを含むブラウザの内容全体を拡大表示または縮小表示できます。この操作の場合、タイトルバーやツールバーも一緒に拡大または縮小されます。

  • Google Chromeの場合、右上の縦に並んだ「・・・」アイコンをクリックした後、「拡大/縮小」にあるマイナス記号をクリックする。
  • Microsoft Edgeの場合、右上の「・・・」アイコンをクリックした後、「拡大」にあるマイナス記号をクリックする。
  • Mozilla Firefoxの場合、右上の三本線のアイコンをクリックした後、「+」または「-」をクリックする。
  • Safariの場合、トラックパッド上で2本指でピンチアウトするか、またはメニューの「表示 > 拡大」または「表示 > 縮小」を実行する。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.