RaySheetPageをタブ化する

ここでは、RaySheetPageをタブ化する方法を説明します。

RaySheetPageのタブ化例

例として、「取引先」オブジェクトと「商談」オブジェクトのビューを左右に配置したRaySheetPageをタブ化します。

完成画面

事前準備

  • 「取引先」と「商談」という名前の2つのフォルダを作成します。
  • 「取引先」フォルダに「取引先」オブジェクトの「すべての取引先」という名前のビューを作成します。
  • 「商談」フォルダに「商談」オブジェクトの「すべての商談」という名前のビューを作成します。

フォルダの作成方法は「フォルダを新規作成する」、ビューの作成方法は「ビューを新規作成する」をそれぞれ参照してください。

手順1:RaySheetPageを作成する

  1. RaySheetPage Designerの一覧画面で「新規」ボタンをクリックする。
  2. RaySheetPage設定画面で以下のように設定する。

    項目 設定内容 備考
    RaySheetPage名 取引先と商談の一覧
    画面レイアウト 2列
    エリアA フォルダ 取引先
    エリアA ビュー すべての取引先
    エリアB フォルダ 商談
    エリアB ビュー すべての商談

  3. RaySheetPage設定画面のOKボタンをクリックし、RaySheetPageの作成を完了させる。

手順2:タブ化する

  1. RaySheetPageタブから作成したRaySheetPageを表示する。
  2. 「「取引先と商談の一覧」を新しいタブで開く」をクリックする。
  3. 「「取引先と商談の一覧」をナビゲーションバーに追加する」をクリックする。必要に応じてタブを任意の順番にドラッグ&ドロップで変更する。
  4. 「取引先と商談の一覧」がタブに追加されたことを確認する。

厳密にはタブ化はRaySheetの機能ではなくSalesforceの機能になります。

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.