カスタムボタンからの表示

ここでは、カスタムボタンからの表示について説明します。

オブジェクトの表示パターンと設定

RaySheetPageでは、オブジェクトのリレーションやRaySheet独自のカスタム参照関係、レコードページへのRaySheetPageの埋め込みを組み合わせることで様々なパターンでオブジェクトを表示することができます。以下はオブジェクトの表示パターンと設定のポイントをまとめた表になります。

本ページのパターン データ連動表示 データ連動方法 ①レコードページで使用する ②レコードページのオブジェクト ③ 親画面 ④ 参照項目
あり Salesforceで設定されたリレーション OFF - 親オブジェクトのエリア 親エリアのオブジェクトの参照項目
RaySheet上で設定するカスタム参照関係 OFF - 親オブジェクトのエリア カスタム
カスタム参照関係の設定で共通キーを設定
Salesforceで設定されたリレーション ON RaySheetPageを埋め込むオブジェクト レコードページ レコードページのオブジェクトの参照項目
RaySheet上で設定するカスタム参照関係 ON RaySheetPageを埋め込むオブジェクト レコードページ カスタム
カスタム参照関係の設定で共通キーを設定
なし - OFF - なし -

URLで使用する場合の設定

RaySheetPageをURLで使用する場合は、通常のRaySheetpageの設定に加えて設定のポイントが2つあります。

項目 設定内容
①レコードページで使用する レコードページと連動する場合にチェックが必要です。チェックを付けない場合は、URLにレコードページのIDを指定してもレコードページと連動されません。
② RaySheetPage ID URLに記載するRaySheetPageのIDです。このIDをURLに指定します。

カスタムボタンでの使用例

例として、「取引先」オブジェクトのレコードページに、「商談」オブジェクトのビューをカスタムボタンから表示します。

完成画面

事前準備

  • 「商談」という名前のフォルダを作成します。
  • 「商談」フォルダに「商談」オブジェクトの「すべての商談」という名前のビューを作成します。
  • Salesforceの「私のドメイン」をリリースします。

フォルダの作成方法は「フォルダを新規作成する」、ビューの作成方法は「ビューを新規作成する」をそれぞれ参照してください。

LightningアプリケーションビルダーでRaySheetPageを利用するためには「私のドメイン」をリリースする必要があります。

手順1:レコードページ用のRaySheetPageを作成する

  1. RaySheetPage Designerの一覧画面で「新規」ボタンをクリックする。
  2. RaySheetPage設定画面で以下のように設定する。

    項目 設定内容
    RaySheetPage名 取引先への商談埋め込み
    画面レイアウト 分割なし
    レコードページで使用する ON
    レコードページのオブジェクト 取引先
    エリアA フォルダ 商談
    エリアA ビュー すべての商談
    エリアA フォルダ親画面 レコードページ
    エリアA フォルダ 参照項目 取引先(取引先)

  3. RaySheetPage設定画面のOKボタンをクリックし、RaySheetPageの作成を完了させる。

手順2:カスタムボタンにRaySheetPageを組み込む

  1. 「取引先」オブジェクトにカスタムボタンを作成し、以下のように設定する。

    項目 設定内容
    表示ラベル 商談一覧
    名前 oppotunity
    動作 新規ウィンドウに表示
    ボタンまたはリンクの URL /apex/gcss__RaySheetPageBuilder?layoutId=[RaySheetPageのID]&record={!Account.Id}

ボタンまたはリンクの URLへの設定値の詳細は「RaySheetPageのURL」を参照してください。

手順3:ページレイアウトにカスタムボタンを配置する

  1. 「取引先」オブジェクトのページレイアウトで、「Salesforce モバイルおよび Lightning Experience のアクション」に作成したカスタムボタンを配置する。
  2. 「取引先」オブジェクトのレコードページに移動し、カスタムボタンからRaySheetPageを表示できることを確認する。
Copyright © 2021 GrapeCity inc. All rights reserved.