RaySheetPageをLightningアプリケーションビルダーで使用する

ここでは、RaySheetPageをLightningアプリケーションビルダーで使用する方法を説明します。

Lightningアプリケーションビルダーでの使用例

例として、「取引先」オブジェクトのレコードページに、「商談」オブジェクトのビューを組み込みます。

完成画面

事前準備

  • 「商談」という名前のフォルダを作成します。
  • 「商談」フォルダに「商談」オブジェクトの「すべての商談」という名前のビューを作成します。
  • Salesforceの「私のドメイン」をリリースします。

フォルダの作成方法は「フォルダを新規作成する」、ビューの作成方法は「ビューを新規作成する」をそれぞれ参照してください。

LightningアプリケーションビルダーでRaySheetPageを利用するためには「私のドメイン」をリリースする必要があります。

手順1:レコードページ用のRaySheetPageを作成する

  1. RaySheetPage Designerの一覧画面で「新規」ボタンをクリックする。
  2. RaySheetPage設定画面で以下のように設定する。

    項目 設定内容 備考
    RaySheetPage名 取引先への商談埋め込み
    画面レイアウト 分割なし
    レコードページで使用する ON
    レコードページのオブジェクト 取引先
    エリアA フォルダ 商談
    エリアA ビュー すべての商談
    エリアA フォルダ親画面 レコードページ
    エリアA フォルダ 参照関係項目 取引先(取引先)

  3. RaySheetPage設定画面のOKボタンをクリックし、RaySheetPageの作成を完了させる。

手順2:レコードページにRaySheetPageを組み込む

  1. 「取引先」オブジェクトのレコードページを表示し「編集ページ」をクリックする。
  2. Lightningアプリケーションビルダーが起動されたら、RaySheetPageを配置するカスタムタブを「商談の編集」というラベルで作成する。
  3. 作成したカスタムタブにRaySheetPage Lightningコンポーネントを配置し、RaySheetPageに手順1で作成した「取引先への商談埋め込み」を指定する。
  4. Lightningアプリケーションビルダーで保存し、必要に応じて有効化を行う。
  5. 「取引先」オブジェクトのレコードページにもどり、RaySheetPageが表示されていることを確認する。
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.