RaySheetPageの機能

ここでは、RaySheetPageの機能について説明します。

RaySheetPageの機能要素

RaySheetPageは以下の4つの機能要素があります。

機能要素 用途 概要
RaySheetPage Designerタブ 作成と編集 RaySheetPageを作成および編集する管理者がRaySheetPageを作成するために利用します。
RaySheetPageタブ 利用 RaySheetPage Designerで作成したRaySheetPageを表示します。主にRaySheetPageを参照する方が閲覧するページです。
RaySheetPage Lightningコンポーネント 作成したRaySheetPageをLightningアプリケーションビルダーで使用するためのLightning Aura コンポーネントです。
RaySheetPageのURL 作成したRaySheetPageをカスタムボタンなどで使用するためのRaySheetPageのURLです。

RaySheetPageの作成と編集

RaySheetPage Designerタブ

作成済みRaySheetPageの一覧が表示され、RaySheetPageの新規作成や編集をすることができます。作成および編集するには「RaySheetPageの編集権限」が必要です。設定方法は「プロファイルとユーザの権限設定」を参照してください。

RaySheetPage Designerの詳細は「RaySheetPage Designerの説明」を参照してください。

RaySheetPageの利用

RaySheetPageタブ

RaySheetPageタブにRaySheetPageのリストビューが表示されます。リストビューから選択することでRaySheetPageを表示することができます。

RaySheetPage Lightningコンポーネント

LightningアプリケーションビルダーでRaySheetPage Lightningコンポーネントを使用できます。

RaySheetPage Lightningコンポーネントには以下を設定できます。

機能 概要
RaySheetPage 使用するRaySheetPageを選択します。
Height (in pixels) コンポーネントの高さを指定します。

RaySheetPageのURL

RaySheetPageをカスタムボタンなどで使用する場合のURL構文は以下のようになります。

/apex/gcss__RaySheetPageBuilder?layoutId=[RaySheetPageのID]&record=[レコードページのID]

パラメータ 概要
layoutId 使用するRaySheetPageのIDを指定します。IDはRaySheetPage設定画面で確認できます。
record カスタムボタンなどでRaySheetPageを使用する場合はレコードページのIDを指定します。
Copyright © 2021 GrapeCity inc. All rights reserved.