オブジェクト固有のアクション

RaySheet上でチェックしたレコードに対して、ツールバーの「アクション」からオブジェクト固有のアクションを実行できます。たとえばSalesforceのケースの「クローズ」やリードの「キャンペーンに追加」です。Salesforceのビューと同様のコマンドを利用できますが、すべてのアクションがサポートされているわけではありません。ここでは「ケース」、「リード」、「取引先」および「取引先責任者」に固有のアクションを説明します。

なお、Salesforceのビューと同様のコマンドが操作できますが、すべてのアクションがサポートされているわけではありません。

ToDoの追加

オブジェクトで「活動の追跡」が有効の時、「アクション」の「一括でToDoを追加」を使用してチェックしているレコードへのToDoの追加が可能です。カスタムオブジェクトの場合は、Salesforceの「カスタムオブジェクトの定義の編集」の「追加の機能」で「活動を許可」がオンになっている必要があります。

ToDoでは次の項目を入力できます。この項目は、ChatterでToDoを追加する場合に似ています。項目をカスタマイズすることはできません。

ToDoを追加すると、次のように結果と件数のメッセージが表示されます。

追加したToDoはRaySheetの「お気に入り」から「ToDo」オブジェクトを開くか、またはSalesforceの「活動」画面などから参照できます。

メモの追加

「アクション」の「一括でメモを追加」を実行すると、オブジェクトのレコードに関連付けたメモを追加できます。

複数のレコードのチェックをオンにしている場合は、チェックしているすべてのレコードに同じ内容のメモを追加します。

メモを追加すると、次のように結果と件数のメッセージが表示されます。

追加したメモはRaySheetの「お気に入り」から「メモ」オブジェクトを開くか、またはSalesforceの画面から参照できます。

ケース

「ケース」では、チェックしたケースのクローズ、チェックしたケースの所有者の変更、チェックしたケースの状況の変更を実行できます。

上記の赤枠のアクションを行うには、ユーザにレコードの編集権限と、次の権限が必要です。権限がない場合、これらは表示されません。

  • クローズ: ケースの管理
  • 所有者の変更:レコードの転送、あるいはケースの転送
  • 状況の変更:ケースの管理

リード

「リード」では、「キャンペーンに追加」をクリックすると、チェックしたリードをキャンペーンに追加できます。また、任意のリードを取引先責任者に変換する「取引の開始」を実行できます。

「キャンペーンに追加」をクリックすると、新しいページを開きます。

上記の赤枠のアクションを行うには、ユーザにレコードの編集権限が必要です。さらにユーザは、キャンペーンの作成、編集、削除ができるマーケティングユーザである必要があります。以下のようにSalesforceのユーザの管理画面で「マーケティングユーザ」のチェックボックスがオンになっていれば、マーケティングユーザです。レコードの編集権限がなかったり、マーケティングユーザでない場合、「キャンペーンに追加」は表示されません。

Salesforce Classicにおけるマーケティングユーザの設定

「取引の開始」や「重複の検索」を使用するには、RaySheetで「リード」を開いた後、「取引の開始」や「重複の検索」アクション列を追加します。

アクション列を追加するには下向きの三角形アイコンをクリックした後、ドロップダウンから「アクション列」をクリックします。

追加したアクション列は、任意の列幅で任意の場所に表示できます。

取引先

「取引先」では、「取引先責任者のマージ」列アクションを追加できます。

取引先責任者

「取引先責任者」では、チェックしたリードをキャンペーンに追加できます。

上記の赤枠のアクションを行うには、ユーザにレコードの編集権限が必要です。さらにユーザは、キャンペーンの作成、編集、削除ができるマーケティングユーザである必要があります。前述のリードのようにSalesforceのユーザの管理画面で「マーケティングユーザ」のチェックボックスがオンになっていれば、マーケティングユーザです。レコードの編集権限がなかったり、マーケティングユーザでない場合、「キャンペーンに追加」は表示されません。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.