全画面モードを使う

ここでは、ブラウザでYouTubeの動画を全画面で表示するときと同じように、SalesforceのデータをRaySheetの画面いっぱいに表示する方法を説明します。

Lightning Experienceにおける留意点

全画面モードの切り替えは、Salesforce Classicでのみ使用できます。Lightning ExperienceではRaySheetは常に最大限の大きさで動作しています。Lightning ExperienceではSalesforceのヘッダーが常に表示されます。

Community Cloudにおける留意点

別冊のCommunity Cloudガイドの「全画面モードを使う」を参照してください。

RaySheetのシートを全画面表示にする

RaySheetを全画面表示にするには、黒色のバーの右端にある次のアイコンをクリックします。

全画面表示を終了するには、同じ場所にあるアイコンを再度クリックします。

次の全画面表示のヘッダーには、Salesforce画面に戻るための「ホーム」、組織名またはSandbox名、ログインしているユーザの名前が表示されます。このヘッダーの中央にある上向きの三角形アイコンをクリックすることで表示または非表示を切り替えできます。この三角形アイコンは、ヘッダーが非表示の時は下向きになります。

ブラウザを全画面表示にする

Windowsの場合は、全画面表示に対応しているブラウザでは、キーボードのF11キーを押下するとウィンドウを全画面表示にできます。Macの場合は、Control + Command + Fキーを押下するか、ウィンドウの左上にある緑色の丸マークをクリックします。 ブラウザの全画面表示ではタイトルバーやタスクバーが非表示になるため、より多くの情報をWebページの表示に使うことができます。お使いの環境の設定によっては、WindowsのタスクバーやMacのDockも表示されなくなります。元に戻すには再度F11キーを押下します。Macの場合はCommand + Control + Fキーを押下します。または、マウスカーソルを画面の上端にあてた後、表示されるタイトルバーで緑色の丸マークをクリックします。

タブレットPCのようにソフトウェア キーボードを使う環境では、ブラウザを全画面表示にした後、元に戻す操作が困難になる可能性があります。事前に物理キーボードを用意してください。

ブラウザの全画面表示は、Google Chrome、Internet Explorer、Mozilla FirefoxまたはSafariで利用できます。Microsoft Edgeの場合はWindows 10 Fall Creators Update(バージョン 1709)および以降で利用できます。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.