検索パネルを設定する

検索パネルはRaySheetの上部に表示する検索エリアからレコードの検索ができる機能です。検索パネルを利用すれば、他の操作をしているときでも簡単に検索操作が行えます。ここでは検索パネルの設定方法について説明します。

検索パネルの設定

検索パネルを使用するにはRaySheetのデザイン画面から検索パネルに表示する項目を設定する必要があります。検索パネルに検索項目を設定するには、次のように操作します。

  1. タイトルバーの右上の「デザイン」をクリックする。
  2. オブジェクトの名前をクリックする。(たとえば「取引先」)
  3. 「検索パネル」をクリックする。
  4. 「検索項目」をクリックする。
  5. 「検索パネルの項目を追加」画面が表示されるので、各項目を設定する。

    • 項目:検索パネルで検索する項目
    • 検索タイプ:検索を行う方法(詳細は「検索タイプ」を参照)
    • 複数の値を許可:複数の検索キーワードの設定の許可 ※検索タイプがテキスト型の場合のみ表示
    • ラベル:検索パネルに表示する項目の表示名
    • サイズ:検索キーワードの入力欄のサイズ ※検索タイプがテキスト型の場合のみ表示
  6. 「OK」ボタンをクリックすると、RaySheetの上部に検索パネルが表示される。

検索タイプ

検索パネルは検索タイプごとに検索条件に指定できる検索タイプが異なります。

検索タイプ 項目のデータ型 指定できる検索タイプ
テキスト型 テキスト、テキストエリア、電話、メール、参照関係 テキスト (次の文字列を含む)
テキスト (次の文字列で始まる)
数値型 数値、通貨、パーセント、時間、日付、日付/時間 数値 (範囲)
選択型 チェックボックス、選択リスト、選択リスト (複数選択) 選択リスト
ラジオボタングループ
ボタン (複数選択)

指定できる検索タイプには、それぞれ次のような特徴があります。

  • テキスト (次の文字列を含む)
    検索キーワードを含むレコードをすべて検索します。複数の値を許可している場合は検索キーワードを「;」で区切ることでOR条件で検索することができます。

  • テキスト (次の文字列で始まる)
    検索キーワードで始まるレコードをすべて検索します。複数の値を許可している場合は検索キーワードを「;」で区切ることでOR条件で検索することができます。

  • 数値 (範囲)
    「最小値」を空白にした場合は「最大値」に設定した数値以下のレコードがすべて検索されます。また、「最大値」を空白にした場合は「最小値」に設定した数値以上のレコードがすべて検索されます。

  • 選択リスト
    選択項目をドロップダウンリストで表示します。ドロップダウンリストには選択項目の他に「(すべて)」が追加されます。検索条件として選択できる項目は1つです。

  • ラジオボタングループ
    選択項目をすべてラジオボタンで表示します。ラジオボタンには選択項目の他に「(すべて)」が追加されます。検索条件として選択できる項目は1つです。

  • ボタン (複数選択)
    選択項目をすべてボタンで表示します。検索条件として複数の項目を選択できます。

    たくさんのボタンを配置するにはある程度の領域が必要です。ボタンがたくさんあり、小さい画面の場合は、すべてのボタンが見えない場合があります。「大きい画面を使用する」、「選択リストに変更する」などを検討する必要があります。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.