エラーの例

ここでは、RaySheetを操作しているときに発生する可能性があるエラーを紹介します。

複数ユーザによる同時保存時のエラー

Salesforceの標準画面では、同じレコードを複数のユーザが同時に編集しようとすると、後から保存したユーザに対して次のエラーメッセージを表示します。以下の「%ユーザ%」には実際のユーザ名が表示されます。

変更を保存できません 編集していたレコードは、編集セッション中に %ユーザ% によって変更されました。 もう一度編集する前に、レコードを再表示してください。

RaySheetでは、Salesforceの標準画面と同様の結果を提供しています。同じ取引先のレコードを複数のユーザが同時に編集しようとすると、後から保存したユーザの該当するレコードの行の見出しに対してRaySheetは次のエラーメッセージを表示します。

「このレコードは %ユーザ% によって %hh:mm:ss% に変更されました。データを再読み込みしてから変更を再度入力してください。」

この動作は、排他制御、排他処理、同時実行制御、排他ロックなどと呼ばれます。

複数レコードの一括保存時のエラー

RaySheetでは既存のレコードの値を変更するとセルの背景が黄色で強調表示されます。この強調表示は値を変更したすべてのセルに対して行われます。

この時点では変更したレコードは保存されてなく、ツールバーの「保存」ボタンをクリックすると変更したレコードを一括保存しますが、何らかの原因で保存処理の途中でエラーが発生する場合があります。

複数レコードの一括保存の処理中にエラーが発生した場合、エラーが発生したレコードの左側と、画面下部のステータスバーにはエラーアイコンが表示されます。

このとき、例えば、10レコードの項目を変更していて、一括保存の処理で2レコードにエラーが発生したとします。この場合はエラーが発生しなかった8レコードはそのまま保存され、エラーが発生した2レコードだけが未保存の状態になります。

エラーが発生したレコードの入力値に問題がある場合は、入力値を適切な値に修正してから「保存」ボタンをクリックすれば、レコードは保存されます。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.