作業ウィンドウを表示する

Salesforceに保存されている長い文章やChatterなど、RaySheetの表画面で表示しきれない情報は、「作業ウィンドウ」に表示できます。Chatterの設定は「Chatterと一緒に使う」を参照してください。

作業ウィンドウの表示/非表示を切り替える

RaySheetのツールバーから「作業ウィンドウ」をクリックすることで、作業ウィンドウの表示/非表示を切り替えできます。

作業ウィンドウは、次のように画面の右側に表示されます。表示位置を画面の下側に変更することもできます。

作業ウィンドウの表示場所を変更する

RaySheetのツールバーから「作業ウィンドウ」の三角マークをクリックすると、作業ウィンドウの表示場所を切り替えるリストが表示されます。ここから、右側または下側を選択することで、表示場所を変更できます。

作業ウィンドウの表示タブを管理する

作業ウィンドウの表示タブは「デザイン画面」から設定します。作業ウィンドウのタブは次のページを表示できます。また、それぞれのタブは表示/非表示、タブを表示する順序を設定できます。

  • 項目ページ
  • Chatterページ
  • カスタムページ

「項目ページ」、「Chatterページ」、「カスタムページ」のタブを非表示にする方法は共通で、次の手順を実行します。

  1. 右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」をクリックする。
  3. 非表示にするタブを選択し、バツアイコンをクリックする。

タブの表示順序を変更する方法も共通です。

  1. 右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」をクリックする。
  3. 移動するタブを選択し、上下の三角形をクリックして順序を入れ替える。

次に、「項目ページ」、「Chatterページ」、「カスタムページ」のタブを表示する方法についてそれぞれ説明します。

作業ウィンドウに「項目ページ」を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」をクリックする。
  3. 右側の「項目ページ」をクリックする。
  4. 追加する項目のチェックボックスをオンにした後、「保存」をクリックする。

作業ウィンドウに「Chatterページ」を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」をクリックする。
  3. 右側の「項目ページ」の横にある下向きの三角形アイコンをクリックし、「Chatterページ」をクリックする。

作業ウィンドウに「カスタムページ」を追加するには、次の手順を実行します。

  1. 右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」をクリックする。
  3. 右側の「項目ページ」の横にある下向きの三角形アイコンをクリックし、「カスタムページ」をクリックする。

4. 「カスタムページを追加」画面が表示されるので、作業ウィンドウに表示するラベルと対象ページのURLを設定して「OK」をクリックする。

カスタムページを設定する

「カスタムページ」はURLを指定することでWebページを表示できます。ここでは、3つのパターンのカスタムページを設定する方法を紹介します。

  • 「取引先」の「取引先名」をキーにして検索ページに検索結果を表示する

    次の手順では、RaySheetで選択した行の取引先名を検索キーにして検索ページのBingで検索を行います。

    1. 「お気に入り」から「取引先」をクリックする。「お気に入り」に「取引先」が表示されていない場合、「すべてのオブジェクトを表示」をクリックしてから「取引先」をクリックする。
    2. 右上の「デザイン」をクリックする。
    3. 「作業ウィンドウ」をクリックする。「作業ウィンドウ」が見当たらない場合、オブジェクト名の横にある三角形のアイコンをクリックする。
    4. 右側の「項目ページ」の横にある下向きの三角形アイコンをクリックし、「カスタムページ」をクリックする。
    5. 「カスタムページを追加」画面に次の値を設定します。

      • ラベル:取引先名検索
      • URL:"https://www.bing.com/search?q="&[取引先名]
    6. 「OK」ボタンをクリックする。

    7. ビューの名前(たとえば「既定のビュー」)の右側のバツアイコンをクリックするか、再度「デザイン」をクリックしてこの画面を閉じる。

    8. RaySheetのツールバーから「作業ウィンドウ」をクリックし、「取引先名検索」タブをクリックする。

    9. 任意の行をクリックするとカスタムタブに「取引先名」を検索キーにした検索結果が表示される。

  • Visualforceページで作成したページを表示する

    次の手順では、独自に作成したVisualforceページを表示します。ここでは簡単な例として「Hello World」を表示します。

    1. Salesforce Classicの場合、「設定 > 開発 > Visualforceページ」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > カスタムコード > Visualforceページ」をクリックする。
    2. 「新規」ボタンをクリックする。
    3. 「表示ラベル」と「名前」に「HelloWorld」と記入する。
    4. 「Visualforce Markup」に次の内容を入力する。

      <apex:page>    
          <h1>Hello World</h1>
          <p>This is Visualforce page.</p>
      </apex:page>
      
    5. 「保存」ボタンをクリックする。

    6. 「プレビュー」をクリックして、表示されたページのURLをメモする。

    7. RaySheetを開き、「お気に入り」から「取引先責任者」をクリックする。「お気に入り」に「取引先責任者」が表示されていない場合、「すべてのオブジェクトを表示」をクリックしてから「取引先責任者」をクリックする。

    8. 右上の「デザイン」をクリックする。

    9. 「作業ウィンドウ」をクリックする。「作業ウィンドウ」が見当たらない場合、オブジェクト名の横にある三角形のアイコンをクリックする。

    10. 右側の「項目ページ」の横にある下向きの三角形アイコンをクリックし、「カスタムページ」をクリックする。

    11. 「カスタムページを追加」画面に次の値を設定します。URLには先ほどメモした値を設定します。

      • ラベル:Hello World
      • URL:(例)"https://c.ap4.visual.force.com/apex/HelloWorld"
    12. 「OK」ボタンをクリックする。

    13. ビューの名前(たとえば「既定のビュー」)の右側のバツアイコンをクリックするか、再度「デザイン」をクリックしてこの画面を閉じる。

    14. RaySheetのツールバーから「作業ウィンドウ」をクリックし、「Hello World」タブをクリックする。

  • Visualforceページで「取引先責任者」の詳細情報ページを表示する

    次の手順では、RaySheetで選択した取引先の詳細ページを表示します。

    1. Salesforce Classicの場合、「設定 > 開発 > Visualforceページ」をクリックする。Lightning Experienceの場合、歯車アイコンをクリックした後「設定 > カスタムコード > Visualforceページ」をクリックする。
    2. 「新規」ボタンをクリックする。
    3. 「表示ラベル」と「名前」に「Contact_Detail」と記入する。
    4. 「Visualforce Markup」に次の内容を入力する。

      <apex:page standardController="Contact" showHeader="false" sidebar="fales">    
          <apex:detail />    
      </apex:page>
      
    5. 「保存」ボタンをクリックする。

    6. 「プレビュー」をクリックして、表示されたページのURLをメモする。このときプレビューのページには何も表示されない。

    7. RaySheetを開き、「お気に入り」から「取引先責任者」をクリックする。「お気に入り」に「取引先責任者」が表示されていない場合、「すべてのオブジェクトを表示」をクリックしてから「取引先責任者」をクリックする。

    8. 右上の「デザイン」をクリックする。

    9. 「列」をクリックする。「列」が見当たらない場合、オブジェクト名の横にある三角形のアイコンをクリックする。

    10. 右側の「項目列」をクリックして「取引先責任者 ID」をチェックし、「保存」をクリックする。

    11. 「作業ウィンドウ」をクリックする。

    12. 右側の「項目ページ」の横にある下向きの三角形アイコンをクリックし、「カスタムページ」をクリックする。

    13. 「カスタムページを追加」画面に次の値を設定します。URLには先ほどメモした値の後ろに?id="&[取引先責任者 ID]を設定します。

      • ラベル:取引先責任者の詳細
      • URL:(例)"https://c.ap4.visual.force.com/apex/Contact_Detail?id="&[取引先責任者 ID]
    14. 「OK」ボタンをクリックする。

    15. ビューの名前(たとえば「既定のビュー」)の右側のバツアイコンをクリックするか、再度「デザイン」をクリックしてこの画面を閉じる。

    16. RaySheetのツールバーから「作業ウィンドウ」をクリックし、「取引先責任者の詳細」タブをクリックする。

    17. 任意の行をクリックするとカスタムタブに取引先責任者の詳細ページが表示される。

制限

  • iframeでネストすることを許可していないWebページはカスタムページに表示できません。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.