リストビューをインポートする

ここでは、SalesforceのリストビューをインポートしてRaySheetのビューを簡単に作る方法を説明します。この機能はForce APIを使用するため、ユーザがSalesforceの「APIの有効化」権限を持たない場合は使用できません。

インポート操作を実行すると、Force APIが実行され、お使いの組織のAPI要求数に加算されます。加算されるAPI要求数は、リストビューを1つのインポート操作1回につき、1です。インポート操作は通常一過性の処理のため、何度も実行する必要はありませんが、繰り返し実行したり、一度に多数のユーザーが同時に実行したりすると組織の24時間あたりの API 要求数の制限に達する可能性があることに注意してください。24時間以内のAPIの使用状況は、Salesforceの「システムの概要」から確認できます。

Salesforceの各オブジェクトには、「商談」や「取引先」「取引先責任者」といったデータを一覧で表示する「リストビュー(標準ビュー)」が備わっています。このSalesforceのリストビューをもとにして、RaySheetのビューにインポートすることができます。インポートでは、新規に作成したRaySheetのビューにSalesforceのリストビューから特定の条件だけをインポートしたり、ビュー名、検索条件、検索条件ロジック、そして表示する項目を取り込めます。また、「商談」のように1つのオブジェクト内に存在するリストビューを複数選択して一括してインポートすることもできます。

Salesforceのリストビューをインポートする

SalesforceのリストビューからRaySheetのビューにインポートするには、次の手順を実行します。なお、「商談」と「取引先」のように複数のオブジェクトにビューが存在する場合は、オブジェクトごとに繰り返しインポートの操作を実行してください。

  1. 「ビューの管理」をクリックする。
  2. 「ビューをインポート」をクリックする。
  3. 「Salesforceのビューをインポートする」画面が表示される。Salesforceのリストビューが一覧にあることを確認する。ここでは例として「取引先」のリストビューの一覧を表示しています。他のオブジェクトのリストビューをインポートするには、「お気に入り」でそのオブジェクトに切り替えてから再度インポートを実行します。
  4. インポートしたいリストビューのチェックをオンに変更する。
  5. 「OK」をクリックする。
  6. リストビューがインポートされた結果を確認する。

Salesforceのリストビューからインポートしたフィルター条件は、「リストビューから検索条件をインポートする」の手順で確認できます。

リストビューのインポートの制限

オブジェクトにより、リストビューをインポートできない場合や、リストビューの特定のクエリ条件をインポートできない場合があります。詳細はよくある質問の「制限事項と注意点」や「オブジェクトごとの注意点」を参照してください。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.