見出しをグループ化する

RaySheetではビューの見出しをグループ化できるため、項目のまとまりを把握しやすい独自のビューを作成できます。次の図は、Salesforceの「商談」の「取引先名」と「従業員数」を、「取引先」グループとしてまとめています。

「商談」を利用できない環境でも、主従関係のあるオブジェクトで使用できます。

グループ化した見出しは、右上の2つの矢印が向き合ったアイコンをクリックすることで折り畳み、または展開できます。

見出しをグループ化する手順

ここでは、上記の「商談」の図を例に説明します。

  1. 左上の三本線のアイコンをクリックし、「お気に入り」を表示する。
  2. 「商談」をクリックする。
  3. 画面右上の「デザイン」をクリックする。
  4. 「商談」をクリックする。
  5. 「列」の「項目列」ボタンをクリックする。
  6. 項目の一覧から「取引先(取引先)」を探し、「>」をクリックして取引先オブジェクトに含まれる項目を展開する。
  7. 「取引先名」と「従業員数」を選択する。
  8. 「選択した列」をクリックする。
  9. 「グループ化されたヘッダを有効にする」をオンにする。
  10. 「取引先」以下の項目が、「取引先」でグループ化されていることを確認する。合わせて、シート上で見出しがグループ化されていることを確認する。
  11. ビューの名前(既定では「既定のビュー」)の右側のバツアイコンをクリックするか、再度「デザイン」をクリックしてこの画面を閉じる。
Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.