Chatterと一緒に使う

Chatter(チャター)はSalesforceでビジネスコラボレーションを実現するツールです。クラウド型の社内SNS(ソーシャルネットワーク)や社外とのコラボレーションに使用できます。

RaySheetでは、現在選択している行(レコード)に関連するChatterコメントを同じページ内に表示できます。たとえば、RaySheetで商談の一覧を表示している場合、商談の一覧を表示したまま、同じページ内でChatterを使って連絡できます。下記の図では、右側にChatterのコメントが表示されています。

Chatter画面

ここでは、例として「取引先」を取り上げますが、基本的な操作の流れはほかのオブジェクト「取引先責任者」や「リード」「ケース」などの場合も同様です。

必要な事前準備

ChatterとRaySheetを同時に使用するには、以下の設定がすべて行われている必要があります。

  • Salesforceの組織の設定で、Chatterが有効になっている。
  • Salesforceのオブジェクトの設定で「フィード追跡」が有効になっている。

いずれも、Salesforceの新規の組織では既定で有効になっています。

Chatterとフィード追跡が有効になっていない場合、Salesforceの次の手順に沿って有効化してください。

RaySheetにChatterを表示する

次の手順でRaySheetで現在選択している行(レコード)に関連するChatterコメントを表示できます。

  1. ツールバーの「作業ウィンドウ」をクリックする。
  2. 「作業ウィンドウ」を表示した後、「Chatter」タブをクリックする。
  3. Chatterに任意のコメントを投稿し、投稿が反映されることを確認する。
  4. RaySheetで別の行をクリックし、さきほど投稿したコメントが表示されないことを確認する。

Chatterのコメントは、選択している行(レコード)に対して投稿されるため、ほかの行(レコード)を選んだ場合は別のコメントが表示されます。

RaySheetのChatterを非表示にする

Chatterを非表示にするには、「項目」をクリックするか、ツールバーの「作業ウィンドウ」をクリックします。

SalesforceのオブジェクトでChatterが有効化されていない場合、そのオブジェクトではRaySheetの「Chatter」タブは表示されません。

トラブルシューティング

Chatterを表示するには、「gcss」名前空間の「ChatterFeedPage」Visualforceページへのアクセス権限が必要です。アクセス権限の設定方法は、次のトピックを参照してください。

「ChatterFeedPage」Visualforceページへのアクセス権限を付与するには、「RaySheet User」権限セットを割り当ててください。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.