オブジェクトを表示する

オブジェクトとは、Salesforceの「取引先」や「商談」、「リード」やカスタムオブジェクトのことです。 オブジェクトを表示する手順の例として、次の手順でRaySheetに「取引先」を表示することができます。

  1. 左上の三本線のアイコンをクリックし、「お気に入り」を表示する。
  2. 「お気に入り」から「取引先」をクリックする。
  3. もし「お気に入り」に「取引先」が表示されていない場合、「すべてのオブジェクトを表示」をクリックし、右側に表示される「すべてのオブジェクト」の一覧をスクロールして「取引先」を見つける。
  4. 「取引先」をクリックする。
  5. 「すべてのオブジェクトを表示」画面が自動的に閉じ、タイトルバーに「取引先」、表画面に「取引先」のレコードが表示される。

注意

  • 既定では「お気に入り」の先頭に表示されるオブジェクトが読み込まれます。表画面を下方向にスクロールして、すべてのデータが読み込まれているかどうかを確認してください。既定では100件を超えたレコードは次のページに読み込まれます。 1ページ内に表示するレコード数をできるだけ多く表示したい場合は「読み込むレコード数を変更する」を参照してください。
  • 次のページに移動するには、右下の「1、2、3・・・」と表示される部分を使ってページ番号を選択します。
  • いちどに表示する件数を最大にするには「全画面モードを使う」を参照してください。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.