条件付き書式の種類

条件付き書式には種類がいくつかあり、それぞれできることが異なります。条件付き書式は「書式ルールを管理」画面の新規ボタンや編集アイコンから設定することができます。

データバー

最小値と最大値に基づいて、各セルの背景にバーを表示します。

セルの強調表示

以下を条件として書式を設定することができます。

  • セルの値
  • 特定の文字列
  • 日付
  • 日付範囲

書式は「書式」ボタンを押下して開く「セルの書式設定」画面で設定します。

上位/下位ルール

以下を条件として書式を設定することができます。

  • 指定の上位n個の項目
  • 指定の下位n個の項目

書式は「書式」ボタンを押下して開く「セルの書式設定」画面で設定します。

カラースケール

セルの値によってセルを複数の色に塗りつぶします。最大値が緑と最小値が赤のカラースケールの場合、高い値ほど緑に近く、低い値ほど赤に近い色でセルが描画されます。2色と3色のカラースケールを使用することができます。

アイコンセット

指定の値に対し、これより大きい値、これに等しい値、またはこれより小さい値にそれぞれ特定のアイコンを表示できます。

一意値または重複する値だけ

一意値または重複する値に対して書式を設定することができます。

書式は「書式」ボタンを押下して開く「セルの書式設定」画面で設定します。

平均より上または下の値だけ

以下を条件として書式を設定することができます。

  • 平均より上
  • 平均より下

書式は「書式」ボタンを押下して開く「セルの書式設定」画面で設定します。

数式

条件に数式を使って書式を設定することができます。

数式は「編集」ボタンを押下して開く数式エディタを使って設定することもできます。

書式は「書式」ボタンを押下して開く「セルの書式設定」画面で設定します。

数式使用時の注意点:

  • レコードタイプを数式で使用する場合、NAME項目ではなくIDが値となります。そのため、数式で比較などをする場合はIDを使用する必要があります。
  • ルックアップを数式で使用する場合、NAME項目にカッコ付きのIDが付与された値になります。詳細はルックアップ列使用時の注意点を参照してください。
  • 選択リストを数式で使用する場合、API名が値となります。そのため、数式で比較などをする場合はAPI名を使用する必要があります。
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.