アクション列を追加する

RaySheetのアクション列を使うと、Salesforceのレコードごとの「削除」や「複製」といった操作のリンクをRaySheetの列に表示できます。

アクション列の設定

次の手順でアクション列を設定できます。ここでは、例として「取引先」での操作を紹介しますが、ほかのオブジェクトでも手順は同様です。

  1. タイトルバーの右上の「デザイン」をクリックする。
  2. 「列」をクリックする。
  3. 下向きの三角形アイコンをクリックした後、ドロップダウンから「アクション列」をクリックする。
  4. 追加したいアクションのチェックボックスをオンにした後、「保存」をクリックする。

標準的なアクション列

標準オブジェクトまたはカスタムオブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 表示
  • 編集
  • 削除
  • 複製
  • ピン留め

実際にアクション列の操作を実行できるかどうかは、ユーザの権限によって異なります。たとえば、ユーザにレコードの編集が許可されていない場合は、編集や削除は実行できません。

「取引先」のアクション列

「取引先」オブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 取引先責任者のマージ

「キャンペーン」のアクション列

「キャンペーン」オブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 高度な設定
  • メンバーの管理

「商談」のアクション列

「商談」オブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 一括編集
  • 商品の追加

「リード」のアクション列

「リード」オブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 取引の開始
  • 重複の検索

「商品」のアクション列

「商品」オブジェクトでは、次のアクション列を使用できます。

  • 価格表に追加

アクション列とエクスポート

アクション列はExcelエクスポートおよびCSVエクスポートの対象外です。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.