設定のエクスポートとインポート

このページの内容はSalesforceのシステム管理者を対象としています。

RaySheetの「設定のエクスポートとインポート」では、Salesforceのシステム管理者がRaySheetの設定をエクスポートおよびインポートできます。

ユースケース

「設定のエクスポートとインポート」は、Salesforce組織間のRaySheetの設定を移行することを想定した機能です。本番/Sandbox/Developer組織間のRaySheetの設定を移行することができます。本番組織からSandbox組織への移行など、種類の異なる組織間でも移行することができます。

インポート操作はインポートポリシーに従って行われます。インポートポリシーの中には移行先の組織のRaySheetのすベての設定をクリアするインポートポリシーも存在します。その場合、インポートが開始されるとキャンセルできず、移行先の組織の設定およびワーク列のデータがすべて削除されます。 インポート操作は、インポートポリシーとそのプロセスを十分に理解してから行ってください。

インポート操作前の状態に戻すロールバックをすることができます。

エクスポートおよびインポートできる内容

設定項目 詳細
機能の有効化と無効化 「機能の有効化と無効化」の設定です。
オブジェクトの設定 「オブジェクトごとの設定」の設定です。
権限 「プロファイルとユーザの権限設定」の設定です。
表示できるオブジェクト 「オブジェクトの表示と非表示」の設定です。
フォルダとお気に入り 「フォルダモードとオブジェクトモード」の設定です。ユーザ単位でエクスポートおよびインポートができます。
ビュー 「ビュー」の設定です。ビュー単位でエクスポートおよびインポートができ、ビューの共有状態を含めることもできます。
ワーク列 「ワーク列」の設定です。ワーク列単位でエクスポートおよびインポートができ、ワーク列の共有状態を含めることもできます。ワーク列のデータ自体はエクスポートおよびインポートの対象外です。

フォルダおよびお気に入り、ビュー、ワーク列は所有者が設定されています。エクスポートとインポートを行う組織間のユーザの対応付けはインポート時に指定します。指定された対応付けに従い所有者が設定されます。

ワーク列のエクスポートおよびインポートは、ワーク列の設定のみでありデータ自体は含まれません。
- インポート結果により現在の組織のワーク列が削除される場合はそのデータも含めて削除されます。
- ロールバック操作で一部のワーク列のデータが復元する場合がありますが、すべてのワーク列のデータが復元することは保証されません。

インポートポリシー

個人設定については移行先の設定をクリアするかまたはインポートファイルの設定とマージするかを選択できます。マージする場合は、同じ項目があった場合の動作について3つ選択できます。合計で4つのインポートポリシーを選択できます。インポート操作時に適切なインポート操作を選択してください。

クリア / マージ 同じ項目があった場合
現在の組織内のすべての個人設定をクリアしてからインポートを開始する -
インポートするファイルと現在の組織の個人設定をマージする インポートファイルの設定項目を優先する。
インポートするファイルと現在の組織の個人設定をマージする 現在の組織の設定項目を優先する。
インポートするファイルと現在の組織の個人設定をマージする どちらの設定項目も残す。その際、インポートファイルの設定項目は名称を変更する。

個人設定とは所有者を持つ「フォルダとお気に入り」、「ビュー」、「ワーク列」のことです。

組織の設定である「機能の有効化と無効化」、「オブジェクトの設定」、「権限」、「表示できるオブジェクト」は移行先の組織の設定がかならずクリアされ、インポートファイルの設定になります。

エクスポート手順

  1. 「RaySheetの設定をエクスポートする」をクリックする。
  2. エクスポートする設定項目を選択する。「フォルダとお気に入り」「ビュー」「ワーク列」についてはさらに詳細を選択する。選択したあと、「エクスポート」をクリックする。
設定項目 選択が必要な詳細
フォルダとお気に入り ・エクスポートするフォルダまたはお気に入り
ビュー ・エクスポートするビュー
・ビューの共有状態
ワーク列 ・エクスポートするワーク列
・ワーク列の共有状態

3. エクスポートが実行される。 4. エクスポートが完了すると、「RaySheet_YYYY_MM_DD.config」という命名規則でファイルがクライアント端末に保存される。

インポート手順

  1. 「RaySheetの設定をインポートする」をクリックする。
  2. インポートする’.configファイル’をアップロードする。ファイルのアップロードが完了したあと、「次へ」をクリックする。
  3. インポートする設定項目を選択する。「フォルダとお気に入り」「ビュー」「ワーク列」についてはさらに詳細を選択する。選択したあと、「次へ」をクリックする。
設定項目 選択が必要な詳細
フォルダとお気に入り ・インポートするフォルダまたはお気に入り
ビュー ・インポートするビュー
・ビューの共有状態
ワーク列 ・インポートするワーク列
・ワーク列の共有状態

4. インポートポリシーを選択し「次へ」をクリックする。 5. ユーザの対応付けを行う。姓名などからRaySheetが自動的に判別して候補を示すので対応付けを確認し、変更の必要があれば対応付けを修正する。対応付けの問題がないことを確認し「インポート」をクリックする。 6. 注意事項をよく読み、「OK」をクリックする。 7. インポートが実行される。 7.インポートが完了する。

ロールバック

最後のインポート操作直前の状態に戻します。

ロールバックはあくまで最後のインポート操作直前の状態に戻す機能になります。RaySheet設定の履歴やスナップショットをとりたい場合は、その都度エクスポートを実行し’.configファイル’を保持する必要があります。

ロールバックはインポートで選択した設定項目に対してのみ行われます。例えば、最後のインポートで「フォルダとお気に入り」、「ビュー」、「ワーク列」を選択した場合、ロールバックも「フォルダとお気に入り」、「ビュー」、「ワーク列」に対してのみ行われます。最後のインポート対象ではない「機能の有効化と無効化」、「オブジェクトの設定」、「権限」、「表示できるオブジェクト」には影響がありません。

「最後のインポート操作前の状態にロールバックする」リンクから実行できます。

クリア

ロールバックに使用するバックアップデータを消去します。

バックアップデータとは、インポート操作直前に存在していた組織の設定(「機能の有効化と無効化」、「オブジェクトの設定」、「権限」、「表示できるオブジェクト」)と個人設定(所有者を持つ「フォルダとお気に入り」、「ビュー」、「ワーク列」)です。この操作によりストレージの空き容量を増やすことができますが、ロールバックができなくなります。

「バックアップデータを消去してストレージの空き容量を増やす」リンクから実行できます。

インポート履歴

「インポート履歴を見る」リンクからインポート履歴を参照することができます。

インポート履歴に表示される内容は次のようになります。

項目 詳細
種類 操作の種類です。インポートまたはロールバック、クリアが表示されます
日付時間 操作を実行した日付時間です。
状態 操作の状態です。成功か失敗が表示されます。
実行者 操作の実行者です。

注意事項

  • エクスポートとインポートを行う組織間のRaySheetのバージョンを一致させる必要があります。
  • ’.configファイル’をテキストエディタなどで直接編集することはできません。直接編集したファイルを使用してインポートした場合の動作はサポート対象外となります。
  • エクスポートとインポートを行うユーザには 「RaySheet Userの権限セット」を割り当てる必要があります。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.