フォルダモードへ移行したビューの一括削除

ここでは、フォルダモードへ移行したビューの一括削除について説明します。

RaySheetではオブジェクトモードからフォルダモードへビューを移行することができます。それらのビューを一括で削除したい場合にはデータローダを使用します。以下のユースケースを想定したビューの一括削除です。これら2つのユースケース以外ではここで説明するデータローダを使用したビューの一括削除はしないでください。

  • フォルダモードへの移行を中止するため、移行してしまったビューを削除したい
  • 移行機能を誤って2回実行してしまったため、移行してしまった2回目のビューを削除したい

データローダを利用したビューのメンテナンスを行う前に、ビューや設定情報をエクスポートすることを強く推奨します。詳細は設定のエクスポートとインポートを参照してください。

フォルダモードへ移行して運用が始まった後は、ここで説明するデータローダを使用したビューの一括削除はしないでください。運用開始後に手動で作成したビューも一緒に削除してしまう可能性があります。

移行したビューを一括削除する

移行レポート:

フォルダモードへ移行したビューの一括削除には移行レポートが必要です。移行レポートがない場合はデータローダを使用した一括削除が行えません。データローダでこの移行レポートをCSVファイルとして使用します。

オブジェクト:

Workspace(gcss__Workspace__c)が対象となるオブジェクトとなります。Workspace(gcss__Workspace__c)はフォルダを定義しているオブジェクトであり、フォルダに対して削除や所有者の変更を行うことでその配下のビューも同様な変更が行われます。

IDのマッピング:

移行レポートの「フォルダId」とWorkspace(gcss__Workspace__c)の「ID」をマッピングします。

削除手順:

  1. データローダを起動しDeleteメニューを選択します。
  2. オブジェクトとしてWorkspace(gcss__Workspace__c)を選択します。
  3. CSVファイルとして移行レポートを選択します。
  4. IDのマッピングとして移行レポートの「フォルダId」とWorkspace(gcss__Workspace__c)の「ID」をマッピングします。
  5. データローダのウィザードに従って削除を実行します。

基本的なデータローダの使用方法はデータローダガイドを参照してください。

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.