ライセンス設定

RayPenのインストール直後、既定ではシステム管理者のみがRayPenを利用できます。システム管理者以外の任意のユーザにライセンスを割り当てるには、次の手順を実行します。Salesforce Classicの場合とLightning Experienceの場合で異なるので、環境にあわせて次のそれぞれの手順を実行します。

ライセンス設定を表示するには、Salesforceのシステム管理者権限の「パッケージライセンスの管理」の権限が必要です。

Salesforce Classicの場合:

  1. 画面の上部から「設定」をクリックする。
  2. 「ビルド > インストール済みパッケージ」を開く。
  3. 「インストール済みパッケージ」画面から対象となるパッケージの「ライセンスの管理」をクリックする。
  4. 「パッケージの詳細」画面で「ユーザの追加」をクリックして、任意のユーザにライセンスを付与する。

Lightning Experienceの場合:

  1. 画面の右上の歯車アイコンをクリックし、続けて「設定」をクリックする。
  2. 「プラットフォームツール > アプリケーション > インストール済みパッケージ」を開く。
  3. 「インストール済みパッケージ」画面から対象となるパッケージの「ライセンスの管理」をクリックする。
  4. 「パッケージマネージャ」の「パッケージの詳細」画面で「ユーザの追加」をクリックして、任意のユーザにライセンスを付与する。

ユーザにライセンスが割り当てられていない場合

ユーザにRayPenのライセンスが割り当てられていない場合、そのユーザは手書き署名の操作を実行できません。具体的には、次のような結果になります。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.