BarcodeScanResultオブジェクト

プロセスビルダーとRayBarcodeを連携してプログラミング不要でバーコードの読み取りデータを処理したい場合に使用するBarcodeScanResultオブジェクトについて説明します。

BarcodeScanResultオブジェクトには次の情報が保存されます。Salesforceのプロセスビルダーを使うと、BarcodeScanResultオブジェクトにレコードが追加されたタイミングで任意のプロセスを実行できます。

項目の表示ラベル API参照名 データ型 説明
CheckBoxField gcbc__CheckBoxField__c チェックボックス BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
CurrencyField gcbc__CurrencyField__c 通貨(18、0) BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
DateField gcbc__DateField__c 日付 BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
DateTimeField gcbc__DateTimeField__c 日付/時間 BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
JumpToRecordId gcbc__JumpToRecordId__c テキスト(18) 移動先のレコードID。
LongTextField gcbc__LongTextField__c ロングテキストエリア(32768) BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
Name Name テキスト(80) レコード名(レコードID)。
NumberField gcbc__NumberField__c 数値(18、0) BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
PercentField gcbc__PercentField__c パーセント(18、0) BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
ScannedSObjectId gcbc__ScannedSObjectId__c テキスト(18) レコードが属するオブジェクトのID。
SObjectTypeName gcbc__SObjectTypeName__c テキスト(80) コードが属するオブジェクトのAPI参照名。
TextField1 gcbc__TextField1__c テキスト(255) レコードの名前。または、BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
TextField2 gcbc__TextField2__c テキスト(255) BarcodeScanProcessRuleによって値が保存される項目。
Value gcbc__Value__c テキストエリア(255) 読み取ったバーコードの値。
作成者 CreatedById 参照関係(ユーザ) レコードを作成したユーザ。
所有者 OwnerId 参照関係(ユーザ,グループ) レコードを所有しているユーザまたはグループ。
最終更新者 LastModifiedById 参照関係(ユーザ) レコードを最後に更新したユーザ。

参照:以下はSalesforceの代表的な標準オブジェクトとそのAPI参照名です。

オブジェクト名 API参照名
取引先 Account
取引先責任者 Contact
リード Lead
ケース Case
商談 Opportunity
キャンペーンメンバー CampaignMember
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.