BarcodeScanProcessRuleカスタムメタデータ

プロセスビルダーとRayBarcodeを連携してプログラミング不要でバーコードの読み取りデータを処理したい場合に使用するBarcodeScanProcessRuleカスタムメタデータについて説明します。

BarcodeScanProcessRuleカスタムメタデータを使うとBarcodeScanResultオブジェクトにデータを格納するルールを定義することができます。BarcodeScanProcessRuleカスタムメタデータには、次のカスタム項目があります。データ型はすべて「テキスト(255)」です。

項目の表示ラベル 説明
BarcodeValueMapping 読み取ったバーコードの値を検索するオブジェクト名と項目名を「オブジェクト名.項目名」の形式で指定します。
CheckBoxFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__CheckBoxField__c に取り出す項目名を指定します。
CurrencyFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__CurrencyField__c に取り出す項目名を指定します。
DateFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__DateField__c に取り出す項目名を指定します。
DateTimeFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__DateTimeField__c に取り出す項目名を指定します。
NumberFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__NumberField__c に取り出す項目名を指定します。
PercentFieldName BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__PercentField__c に取り出す項目名を指定します。
TextFieldName1 BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__TextField1__c に取り出す項目名を指定します。
TextFieldName2 BarcodeValueMappingに指定したオブジェクトから、gcbc__TextField2__c に取り出す項目名を指定します。
TimeFieldName この項目は将来の時刻型のサポートのための予約されています。
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.