gcbc:GcBarcodeVFコンポーネント

gcbc:GcBarcodeVFコンポーネントの属性について説明します。

gcbc:GcBarcodeVFコンポーネントの属性

属性名 属性型 説明
imageHeight Integer バーコード画像の高さをピクセル単位で指定します。実際に生成されるバーコードの画像の高さは、type属性で指定したバーコードの規格に基づいてimageHeightに近い値になります。既定値は100ピクセルです。
imageWidth Integer バーコード画像の幅をピクセル単位で指定します。実際に生成されるバーコードの画像の幅は、type属性で指定したバーコードの規格に基づいてimageWidthに近い値になります。既定値は100ピクセルです。
outputFormat String バーコード画像の形式を指定します。「PNG」または「SVG」を指定できます。既定値は「SVG」です。この値は大文字で指定します。
options String バーコードタイプ固有の追加オプションを指定します。「バーコードのオプション」を参照してください。
type String 生成するバーコードの種類を指定します。「バーコードの種類」を参照してください。既定値は「QRCode」です。 
value String 必須項目。バーコードの値を設定します。値は事前にエンコードしておく必要があります。
id String ページの他のコンポーネントがカスタムコンポーネントを参照できるようにする識別子。指定されていない場合、一意の識別子が自動的に生成されます。これはVisualforceカスタムコンポーネントのデフォルトで生成される属性です。
rendered Boolean カスタムコンポーネントをページに表示するかどうかを指定する boolean 値。指定されていない場合、この値はデフォルトの true に設定されます。これはVisualforceカスタムコンポーネントのデフォルトで生成される属性です。

エラー処理

gcbc:GcBarcodeVF コンポーネントでエラーが発生した場合、バーコードの画像の代わりにバーコードの値がテキストで表示されます。さらに、バーコードの下部に「Show Error」リンクが表示されます。

たとえば、JANコードは数値以外の文字列を受け付けないので、次のようなコードはエラーになります。

<apex:page showHeader="true" sidebar="false">
  <h1>Example of Error</h1>
  <gcbc:GcBarcodeVF value="abc" type="JAN13" /> 
</apex:page>

「Show Error」リンクをクリックすると、エラーメッセージが表示されます。エラーメッセージは英語で表示されます。メッセージ内容の説明はエラーメッセージを参照してください。

gcbc:GcBarcodeVF コンポーネントではエラーの表示方法をカスタマイズすることはできません。エラーをカスタマイズする場合は、LightningコンポーネントWeb APIを使用します。

Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.