RayBarcode Readerアプリ

バーコードを読み取るときに使用するアプリRayBarcode Readerについて説明します。RayBarcode Readerはバーコードの読み取り機能に特化したアプリです。Salesforceモバイルアプリと連携することでバーコードの読み取り結果をSalesforce上で取り扱うことができます。

アプリの起動方法

アプリを起動する方法は、以下のように2つの方法があります。

  1. SalesforceアプリからRayBarcode Readerアプリを起動する
  2. モバイル端末からRayBarcode Readerアプリのアイコンをタップし直接起動する。

※1の方法でアプリを起動する方法につきましては、こちらの「アプリの起動」を参照してください。

1の方法でアプリを起動することでSalesforceと読み取った値を連携することができます。詳細はこちらの「読み取り操作の流れ」を参照してください。

2の方法でアプリを実行する場合は、単純にバーコードの読み取りアプリとして使用することは可能ですが、Salesforceとの連携は提供しておりません。 そのため、アカウントの管理やRayBarcode Readerアプリの設定の変更などに利用してください。

アプリを起動すると、カメラ画面が表示され読み取り操作を行うことができます。

カメラ画面

  1. ユーザ表示。 現在ログインしているユーザのユーザ名とインスタンスURLを表示します。 RayBarcode Readerアプリのアイコンをタップし直接起動した場合は、何も表示されません。
  2. 閉じる。 閉じるをタップすると、読み取り動作を停止し、読み取り開始画面へ戻ります。 たとえば、連続読み取り途中で閉じるをタップすると、読み取りに成功した結果のみを取り扱うことができます。 また、RayBarcode Readerアプリを直接起動し閉じるをタップすると、ユーザはアプリを強制的に終了させることができます。
  3. 縦の三点リーダーアイコン。縦の三点リーダーアイコンをタップすると、以下のように画面が表示されます。また、連続読み取りで最初の読み取り操作を行った後は、アカウント制御を無効にするためカメラ画面から該当アイコンが表示されません。
    • アカウント管理・・・詳細については、下記の「アカウント管理」を参照してください。なお、アカウントが1つも登録されていない場合はこのメニューは表示されません。
    • 設定・・・詳細については、下記の「設定」を参照してください。
    • ヘルプドキュメントの閲覧
    • アプリの終了
  4. 一次元バーコードの照準器。画面の中央に表示される赤い線と丸い枠は、1Dバーコードを読み取るためのガイドです。
  5. 2Dバーコード(二次元コード)の照準器。画面に表示される緑色の枠線は、2Dバーコード(二次元コード)を読み取るための照準器です。この枠内に収まった二次元コードを読み取りできます。
  6. 読み取り対象のQRコードの数。連結(分割)QRコードを読み取るときのみ以下のように表示されます。黄色の枠の四角形の数はQRコードの総数を表し、対応するQRコードを読み取るたびに四角形が塗りつぶされます。
  7. Flashアイコン。このアイコンをタップするごとに、使用端末のLEDをオン/オフに切り替わります。フロントカメラを使用する時は、当該アイコンが非表示になります。
  8. カメラ切り替えアイコン。このアイコンをタップするごとに「フロントカメラ(前面カメラ)」と「バックカメラ(背面カメラ)」が切り替わります。スキャン中にカメラの種類を切り替えることはできません。

アカウント管理

「アカウント管理」では、以下のようにユーザアカウントがリストに表示されます。

このリスト内から特定のユーザアカウントを削除できます。Salesforceアプリから読み取りをする場合は、現在ログインしているユーザアカウントの削除はできません。ただし、RayBarcode Readerアプリのアイコンをタップし直接アプリを起動した場合は、リスト内のすべてのユーザアカウントをクリアすることができます。

Android端末とiOS端末ではユーザのアカウントを削除するための動作方法が異なります。 Android端末では、ユーザのアカウントを長押しすると画面の右上に「DELETE」が表示されます。DELETEをタップし当該アカウントを削除してください。 iOS端末では、ユーザのアカウントを左方向にスライドすることでDELETEが表示されます。

設定

「設定」では、連続読み取りの間隔設定が可能です。それ以外にも、ヘルプドキュメントやプライバシーに関する声明の閲覧ができます。

連続読み取りの間隔は次の手順で変更できます。本設定はSalesforceの画面で開発者が予め連続読み取りに対応する機能を開発している場合のみ使用できます。

  1. RayBarcode Readerアプリを起動する。
  2. 画面右上の縦の三点リーダーアイコンをタップする。
  3. 「設定」をタップする。
  4. 「連続スキャン間隔」をタップする。
  5. 読み取り間隔を秒単位の数字で指定する。 0以下の数字、少数値、数字の間に改行文字を入力するなど、無効な値を指定し保存ボタンを押した場合は画面の下部に”無効な入力”というメッセージが表示されます。また、入力ボックスはリセットされ変更前の数字が表示されます。
Copyright © 2020 GrapeCity inc. All rights reserved.