主な機能

RayBarcodeの主要な機能である「バーコードの読み取り」と「バーコードの生成」について説明します。

スマートフォンのカメラでバーコードを読み取り

iPhoneやAndroid、iPadのアプリを使ってスマートフォンのカメラでバーコードを読み取り、Salesforceと連携できます。詳細:アプリでバーコードを読み取る

Salesforceのデータからバーコード画像を生成

SalesforceにあるデータからQRコードを生成し、Salesforceでの画面表示や印刷に利用できます。詳細:バーコードの表示

Salesforce上のさまざまな開発手法に対応

VisualforceとLightningアプリの両方に対応しており、要件や開発スキルセットに応じて最適なほうを選択できます。プロセスビルダーで利用可能な操作もあります。

鮮明なバーコード画像

SVG形式でバーコードを生成できるのでさまざまなディスプレイが混在する環境でも常に読み取りやすい鮮明なバーコード画像を表示できます。PNG形式も選択できます。

豊富なバーコード規格のサポート

Aztec、Code39、Code49、Code93、Code128、DataMatrix、EAN128(GS1-128、UCC/EAN-128、コンビニバーコード)、、GS1DataBarOmniDirectiona、GS1DataBarTruncated、GS1DataBarSTacked、GS1DataBarStackedOmnidirectional、GS1DataBarExpanded、GS1DataBarExpandedStacked、GS1DataBarLimited、JAN8(EAN8)、JAN13(EAN13)、JapanesePostal(カスタマバーコード、郵便バーコード)、MicroPDF417、NW7(Codabar、Codeabar、Code2of7)、ITF、PostNet、、IntelligentMail、QRコード、PDF417、UPC(UPC/A、UPC/E、UPC/E アドオン)

二次元バーコード(二次元コード)に対応

生成はAztec、Code49、DataMatrix、MicroPDF417、PDF417およびQRコードに対応します。複数の二次元コードの連結にも対応します。

読み取りはQRコード、DataMatrixなどに対応します。

SkyVisualEditorに対応

株式会社テラスカイが提供するSkyVisualEditorのAppComponentにも対応しているので、バーコードをレイアウトした画面をSkyVisualEditor上のAppComponentで開発できます。AppComponentはバーコード表示機能のみ提供されます。詳細:SkyVisualEditorでバーコードを表示する 本製品にはSkyVisualEditorのライセンスは含まれません。

Community Cloudに対応

RayBarcodeのライセンスを割り当てられたコミュニティユーザであれば、バーコードの生成や読み取りが可能です。読み取り操作には、「RayKit」モバイルアプリが必要です。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.