RayBarcodeとは

RayBarcodeはPlatformアプリケーションビルダーやPlatformデベロッパー(開発者)がSalesforceプラットフォーム上にバーコードの表示や読み取りを組み込むことができるサービスです。RayBarcodeを採用すると、バーコードの生成や読み取り処理をゼロから作る必要がなくなるため、ビジネスの要求にこたえて迅速にバーコードをSalesforceと一緒に活用できます。RayBarcodeにはスマートフォン向けのバーコード読み取りアプリが含まれるため、専用のバーコードリーダー(ハンディターミナル)を用意する負担がありません。

RayBarcodeはスマートフォンアプリ、プロセスビルダー、Lightningコンポーネント、Visualforceコンポーネント、Web APIといった複数のインターフェースを提供しており、さまざまな形でセールスフォースプラットフォーム上にバーコードを組み込むことができます。GS1データバーやJANコード、コンビニバーコード、QRコードといった20種類以上の規格に対応しています。各種帳票へのバーコードの組み込みやモバイルデバイスへのバーコード出力によるチェックインシステムなどあらゆるデータをバーコード化して活用できます。SkyVisualEditorでのバーコード生成にも対応しています。

弊社(グレープシティ株式会社)では、Salesforce向け製品をさらに充実させる計画を進めております。新しい機能や改良についてご意見やご要望がございましたら、お問い合わせ ページより、お寄せいただければ幸いです。

GrapeCityが提供するSalesforce向け製品の一覧はラインナップ紹介をご参照ください。

Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.