手動アップグレード

RayBarcodeは、Salesforceの「転送アップグレード」と呼ばれる自動アップデートの仕組みによってバージョンアップされるため、通常はRayBarcodeを手動でアップデートする必要はありません。

転送アップグレードの予定は、RayBarcodeの新バージョンの公開時にグレープシティからシステム管理者に対してメールでアナウンスされます。転送アップグレードは、Sandbox、本番環境の順に実施されるため、システム管理者はSandboxにインストールしたRayBarcodeで事前に変更内容を検証できます。

転送アップグレードを待たずに不具合修正を適用したい場合や、転送アップグレードを待たずに最新版を試したい場合、日本のAppExchangeからインストールと同じ手順を繰り返します。AppExchangeでインストールする際、すでにRayBarcodeがインストールされている環境を指定すると、アップグレードするかどうかを確認する画面が表示されます。

※ここでは「管理者のみのインストール」を選択しています。アップグレード後に、管理者以外のユーザに権限セットを割り当てることで、そのユーザにRayBarcodeを利用する権限を割り当てることができます。権限セットの割り当て方法はこちらを参照してください。

ここで「アップグレード」をクリックすると、古いバージョンから新しいバージョンにアップグレードできます。

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.