アプリでバーコードを読み取る

ここでは、iPhoneやAndroidのスマートフォンでRayBarcodeの専用アプリ「RayKit」を使用してバーコードを読み取り、結果をSalesforceに送信する方法を説明します。iPadの場合も手順は同様です。

以下の説明ではAndroidの画面を表示しますが、iPhoneとiPadの場合も同様です。

「RayKit」アプリを使ってSalesforceにログインすると、Salesforce1の画面が表示されます。この専用アプリではSalesforceアプリ(旧称Salesforce1アプリ)と同様のユーザ体験を提供しつつ、快適なバーコードの読み取りとSalesforce連携を提供します。

アプリのインストール(ダウンロード)

iPhoneやiPadの場合、App Storeからインストールします。iOS 11では、次のバーコードをカメラアプリで読み取ってApp Storeを直接開くことができます。

URL: https://itunes.apple.com/jp/app/gc-barcode-for-salesforce/id1290143417?mt=8

Androidの場合、Google Playからインストールします。

URL: https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grapecity.GcBarcode

インストールに関する注意。

  • このアプリは無料ですが、バーコード読み取り機能の利用には別途RayBarcodeのライセンスとSalesforceのライセンスが必要です。
  • このアプリのダウンロード、インストール及び使用に伴う通信料等は利用者の負担になります。
  • このアプリは、バーコードの読み取りのためにスマートフォンのカメラへのアクセス権限と、Salesforceへのログイン情報の格納のためストレージへのアクセス権限、Salesforceへの接続のためのネットワーク接続権限を必要とします。加えて、Salesforce1から電話をかける操作を可能にするために「電話番号発信」、Salesforce1でファイルのアップロード操作を可能にするためにメディアやUSBストレージの読み取り、変更または削除の権限が必要です。
  • このアプリのサイズはストアのページで確認できます。

アプリの起動

  1. 「RayKit」アプリのアイコンをタップする。
  2. アプリの起動を待つ。起動中は次のスクリーンが表示される。
  3. Salesforceにログインする。Sandboxやカスタムドメインを使用している場合、このページの後述の説明を参照する。
  4. 「RayKit」アプリにSalesforce機能へのアクセスを許可する。この操作は初回のみです。
  5. Salesforce1のホーム画面が表示されることを確認し、左上の三本線アイコンをクリックする。
  6. Salesforce1のナビゲーションメニューにアプリの一覧が表示されることを確認し、下方向にスクロールする。
  7. バーコード読み取り用のアプリをタップする。
  8. Salesforce上のバーコード読み取り画面を表示する。
  9. Salesforce上の「読み取り」ボタンをタップする。
  10. スマートフォンのカメラへのアクセスを許可する。この操作は初回のみです。
  11. カメラ画面が表示されるので、バーコードまたはQRコードにピンとを合わせる。
  12. バーコードの読み取りに成功すると、Salesforce上のページの処理にしたがって読み取り結果とSalesforce上のデータが照合され、結果ページに遷移する。
  13. 必要に応じて、アプリを終了する。

本番組織とSandboxの切り替え

アプリのログイン先のSalesforce組織を、本番組織またはSandboxに切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. 画面の右上の「ペンとメモ」アイコンをタップする。
  2. 「Sandbox」をタップする。
  3. 選択後、ユーザ名とパスワードの入力画面に戻るのでログイン操作を継続する。
  4. 「Sandboxにログイン」をタップする。

カスタムドメインを使用している場合

Salesforceのログインに「私のドメイン」を使ってカスタムドメインを構成している場合、画面の下にある「カスタムドメインを使用」をタップします。

  1. 「カスタムドメインを使用」をタップする。
  2. ログイン先のカスタムドメインを入力する。
  3. 入力後、ユーザ名とパスワードの入力画面に戻るのでログイン操作を継続する。

「RayKit」アプリはカスタムドメインを使用したときコミュニティにログインできません。この動作はSalesforce1アプリも同じです。

Community Cloudのコミュニティを使用している場合

アプリのログイン先のSalesforce組織を、コミュニティに切り替えるには、次の手順を実行します。

  1. 画面の右上の「ペンとメモ」アイコンをタップする。
  2. 「接続を追加」をタップする。
  3. 2つの入力項目が表示されるので、1つ目にコミュニティのURLを入力する。
  4. 2つ目にコミュニティの名前を入力する。
  5. 「適用」をタップする。
  6. 適用後、コミュニティの名前をタップし、ユーザ名とパスワードを入力してコミュニティにログインする。

ログインのオプション

ログインのオプションはSalesforceのログイン画面と同じです。

  • 「ログイン情報を保存する」チェックをオンにすると、ログインに使用したユーザ名とパスワードをこのスマートフォンに保存できます。
  • 「パスワードをお忘れですか」をクリックすると、パスワードの再発行が可能です。

連続読み取りの間隔

連続読み取りの間隔は次の手順で変更できます。連続読み取り機能を使えるのは、Salesforce1の画面で開発者が予め連続読み取りに対応する機能を開発している場合です。

  1. 「設定」をタップする。
  2. 「連続スキャン間隔」をタップする。
  3. 読み取り間隔を秒単位の数字で指定する。

一次元バーコードの印刷方向の自動認識

「RayKit」アプリは一次元バーコードの印刷方向が垂直方向/水平方向のどちらの場合でもバーコードの印刷方向を自動認識して読み取ることができます。

そのため、一次元バーコードを読み取るとき、モバイルデバイスの向きを変更する必要はありません。

アプリのアンインストール(削除)

ユーザは必要に応じて「RayKit」アプリをデバイスから削除できます。

iPhoneやiPadの場合の場合:

  1. アプリのアイコンを長押しする。
  2. アプリのアイコンが震え始めたら、アイコンの上に表示されるバツアイコンをタップする。
  3. 「削除しますか?」確認メッセージが表示されたら「削除」をタップする。削除を中止したいときは「キャンセル」をタップする。

Androidの場合:

  1. 「設定」アプリ を開く。
  2. 「アプリ」 をタップする。
  3. アプリの一覧から「RayKit」を探してタップする。
  4. 「アンインストール」をタップする。
Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.