連続読み取り機能の開発

RayBarcodeの連続読み取り機能の開発方法を説明します。連続読み取りとは、ユーザがいちど「読み取り」ボタンをタップしたあと、複数のバーコードを続けて読み取る操作のことです。

連続読み取り機能の開発方法は、以下の二つがあります。

WebServiceによる方法は、RayBarcodeで開発者が実装したWebServiceを読み出すことで、読み取りのカメラ画面を維持したまま連続して複数のバーコードを読み取る操作のことです。

この二つの方法はそれぞれ特徴があります。ご要望に応じて、適切な開発方法を選択してください。

WebServiceによる方法とScanメソッドによる方法の比較

  WebServiceによる方法 Scanメソッドによる方法
画面遷移の有無 なし なし
Salesforce API要求数の消費 消費する 消費しない
Lightningでの利用
Visualforceでの利用 ×
連続読み取り間隔の設定 エンドユーザーが「RayKit」アプリで指定 開発者がJavascriptで指定
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.