バーコードの一回読取と連続読取

このRayBarcodeのサンプルでは、スマートフォンの「RayKit」アプリを使ったバーコードの読み取り機能を手軽に試すことができます。

このサンプルでは次の操作が可能です。

  • バーコードの1回読み取り
  • バーコードの連続読み取り

なお、連続読み取りでは1回の読み取り操作のたびにAPI要求数を1消費します。

サンプルの構成

このサンプルでは次のファイルを使用します。

Visualforceページ

  • GcBarcodeScannerDemoPage
  • ScanBarcodeComponentControllerTest

Apexクラス

  • GcBarcodeScannerContinuousScanService
  • GcBarcodeScannerDemoPageController
  • GcBarcodeScannerDemoPageControllerTest
  • GcScannerContinuousScanServiceTest

サンプルは削除可能です。サンプルコードを直接参照したり、変更したりすると、サンプルの削除により修正内容が失われる可能性があります。サンプルを再利用する場合には、コピーを作成してご利用ください。

サンプルの設定

このサンプルはPC(Mac)のブラウザで以下のURLを開いてみることができますが、「RayKit」アプリが必須なのでPCのブラウザでは操作できません。

https://[YOUR INSTANCE or CUSTOM DOMAIN].lightning.force.com/apex/GcBarcodeScannerDemoPage

PCのブラウザでは、次のように「読み取り」と「連続読取」のボタンが無効表示になります。

サンプルを操作するには、このVisualforceページをSalesforce1のナビゲーションメニューから実行可能にします。

次の手順ではPC(Mac)のブラウザを使用します。

Salesforce Classicの場合:

  1. 「設定 > ビルド > 作成 > タブ」でVisualforceタブを追加する。例:「サンプル3」タブ
  2. 「設定 > 管理 > モバイル管理 > Salesforce ナビゲーション」で、Salesforce1のナビゲーションメニューにタブを追加する。

Lightning Experienceの場合:

  1. 画面右上の歯車アイコンをクリックする。
  2. 「設定 > プラットフォームツール > ユーザインターフェース > タブ」でVisualforceタブを追加する。例:「サンプル3」タブ
  3. 「設定 > プラットフォームツール > アプリケーション > モバイルアプリケーション > Salesforce > Salesforce ナビゲーション」で、Salesforce1のナビゲーションメニューにタブを追加する。

サンプルの実行

サンプルの実行には「RayKit」アプリが必要です。インストール方法は、アプリでバーコードを読み取るを参照してください。

  1. 「RayKit」アプリを起動してSalesforce組織にログインする。
  2. 左上の三本線のアイコンをタップする。
  3. 下に向かってスクロールし「サンプル3」をタップする。
  4. 「読み取り」または「連続読取」をタップする。
  5. 適当なQRコードをスキャンする。なお、QRコード以外はエラーとなる。
  6. 「読み取り」ボタンによる1回の読み取り、または「連続読取」による5回の読み取り成功ののち、次のような画面になる。
Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.