SkyVisualEditorでバーコードを表示する

SkyVisualEditorは、株式会社テラスカイが提供するSalesforceの画面開発ツールです。RayBarcodeをSkyVisualEditorで使うと、Visualforceページを手作業で書くことなく簡単にバーコードをSalesforce画面上に表示できます。RayBarcodeにはSkyVisualEditorのライセンスは含まれません。

SkyVisualEditorのデモ画面

RayBarcodeはSkyVisualEditorのAppComponentに対応しているので、バーコードをレイアウトした画面をSkyVisualEditorで開発することができます。

前提

次のものが必要です。

  • SkyVisualEditorの有効なライセンス。
  • RayBarcodeの有効なライセンス。
  • 事前にSalesforce組織にRayBarcodeのインストール。
  • Internet Explorer 11とMicrosoft Silverlight 5

Microsoft Silverlight 5のサポート期間は、2021年10月12日または基になるブラウザーのサポート ライフサイクルのどちらか短い方までとMicrosoft Corporationからアナウンスされています。参考:製品のライフサイクルの検索 Silverlight (Microsoft)

利用手順

SkyVisualEditorでRayBarcodeを使用するには、以下の手順を実行します。

  1. SkyVisualEditorにログインする。ログインURL、ユーザーIDおよびパスワードは、SkyVisualEditorを契約したときの情報を参照してください。 SkyVisualEditorのログイン画面
  2. ログイン後、ページ内にある「SkyVisualEditor Studio」ボタンをクリックする。
  3. Salesforce.comログインが表示されるので、RayBarcodeがインストールされているSalesforce組織にログインする。 SkyVisualEditorのSalesforceログイン画面
  4. 「ファイル」メニューの「新規」をクリックする。
  5. レイアウトマネージャが表示されたら、AppComponentが利用可能なレイアウトを選択し、オブジェクトなどを指定後[OK]ボタンをクリックする。
  6. SkyVisualEditorの「コンポーネント」タブ内のAppComponentにあるRayBarcodeをページに配置する。
  7. 「ファイル」メニューの「デプロイ」をクリックし、Salesforceにデプロイする。デプロイ確認が表示されたらSalesforce組織の環境を選択し、「デプロイ」ボタンをクリックする。
  8. デプロイ後、ブラウザでアクセスすることでバーコードが表示されることを確認する。

プロパティ

RayBarcode AppComponentで指定できるプロパティは以下の通りです。「バーコード値項目」と「関連オブジェクト」が両方設定されているとき、「関連オブジェクト」プロパティの設定値が優先されます。

プロパティ 説明
ID            コンポーネントを識別するためのID。
幅[px] バーコード画像の幅をピクセル単位で指定します。実際に生成されるバーコードの画像の幅は、指定したバーコードの規格に基づいて「幅[px]」に近い値になります。既定値は「100」です。
高さ[px] バーコード画像の高さをピクセル単位で指定します。実際に生成されるバーコードの画像の幅は、指定したバーコードの規格に基づいて「高さ[px]」に近い値になります。既定値は「100」です。
バーコード種 生成するバーコードの種類を指定します。種類に指定可能なバーコードの名前は「バーコードの種類」を参照してください。たとえば、QRコードの場合は「QRCode」を指定します。
オプション バーコードタイプ固有の追加オプションを指定します。「バーコードのオプション」を参照してください。
親レコード SkyVisualEditorで親レコードを表す数式を指定します。既定値は主オブジェクトの親レコードを示す{!record}です。テーブルレコード内で使用するには、varプロパティの値を付加します。例えば、データテーブルのvarプロパティがComponent1_itemの場合、{!Component1_item.record}となります。
バーコード値項目 生成するバーコードの対象項目を指定します。
関連オブジェクト 生成するバーコードの対象項目がリレーションの親レコードに存在する場合、その項目名を直接入力します。例えば、ページの主オブジェクトが商談(Opportunity)のときに取引先の郵便番号を指定したいときは、「親レコード」に{!record.Account}、「バーコート値項目」に”商談ID”、「関連オブジェクト」にBillingPostalCodeを設定します。

AppComponentでの値の読み込みに関する注意

AppComponentにSalesforceの項目の値を読み込むには、次のいずれかの条件を満たす必要があります。

  • その項目がSkyVisualEditorのページに表示されている。
  • その項目がページに表示されていない場合、SkyVisualEditorの「ページ」タブの「Apexクラス拡張」グループの「主オブジェクト項目 追加取得」でチェックがオンになっている。

参考

Copyright © 2019 GrapeCity inc. All rights reserved.