バーコード生成の仕組み

RayBarcodeを使って、Salesforce上のデータをもとにバーコードや二次元コードを生成する仕組みを説明します。

上の図はクリック(タップ)すると拡大できます。

対応バーコード

RayBarcodeが生成可能なバーコードの一覧は、[バーコードの種類]を参照してください。

利用方法

開発者はSalesforce上でバーコード画像を表示するために、Visualforce、Lightningコンポーネント、Web APIまたはSkyVisualEditorを使用できます。いずれの方法でも、生成されるバーコード画像は同じです。バーコード画像を生成するにあたって利用可能なオプションも同じです。

Lightningコンポーネントの場合、「私のドメイン」を有効化する必要がある点に注意してください。

動作の仕組み

RayBarcodeではSalesforceの外にあるグレープシティが管理するサーバーで画像を生成します。これはVisualforce、Lightningコンポーネント、Web APIまたはSkyVisualEditorのいずれの場合でも同じです。お使いのSalesforce組織にこのサーバーとの通信を許可するため、リモートサイトの登録が必要です。リモートサイトの登録は、RayBarcodeをインストールする際にシステム管理者に表示され、自動的に登録されています。 SalesforceとGrapeCityのサーバーの間の通信は暗号で保護されます。

リモートサイトに正規の接続であることを承認するために、トークンの生成が必要です。トークンは生成してから15分で期限が切れます。Visualforce、LightningコンポーネントおよびSkyVisualEditor用のAppComponentではトークンの生成処理が自動で行われるので開発者が意識する必要はありません。Web APIを使用する場合のみ、トークンの生成処理の追加が必要です。

Visualforce、LightningコンポーネントおよびSkyVisualEditor用のAppComponentでは、コンポーネント内でバーコード画像が表示されるため、開発者がレコードへの保存やPDFにバーコード画像を書き出せる機会がありません。そのような処理を行う場合はWeb APIを使用してください。

リモートサイトの確認

リモートサイトの設定は、次の手順で確認できます。

Salesforce Classicの場合:

  1. 画面の上部から「設定」をクリックする。
  2. 「管理 > セキュリティのコントロール > リモートサイトの設定」を開く。
  3. 「リモートサイトの設定」画面で次の情報を確認する。
    • リモートサイト名が「GcBarcodeGenerator」
    • 名前空間プレフィックスが「gcbc」
    • リモートサイトのURLが「https://gcbarcode.azurewebsites.net」

Lightning Experienceの場合:

  1. 画面の右上の歯車アイコンをクリックし、続けて「設定」をクリックする。
  2. 「設定 > セキュリティ > リモートサイトの設定」を開く。
  3. 「リモートサイトの設定」画面で次の情報を確認する。
    • リモートサイト名が「GcBarcodeGenerator」
    • 名前空間プレフィックスが「gcbc」
    • リモートサイトのURLが「https://gcbarcode.azurewebsites.net」

印刷

RayBarcodeで生成したバーコードや二次元コードは印刷に使うこともできます。このドキュメントでは、Visualforceを使ったPDF出力と「スマレポ!」による例を説明しています。

日本語処理

RayBarcodeでは既定のエンコーディング形式にShift-JIS(シフトJIS)を使用します。UTF-8を使用する場合はオプションを指定する必要があります。詳細はバーコードのオプションを参照してください。

読み取り機能の「RayKitアプリ」ではShift-JISまたはUTF-8を読み取ることができます。

仕様と制限

  • 生成機能と読み取り機能の対応バーコードには違いがあるので、注意してください。読み取り機能のほうが、対応しているバーコードや二次元コードの規格が少なくなります。対応するバーコードの違いは[スペックシート]で比較できます。
  • 生成される画像サイズについて、実際に生成される画像のサイズはバーコードの規格によって調整されます。開発時、テスト時に最適なサイズを得て、それを指定しなおしてください。たとえば、200ピクセルx200ピクセルのPNG形式のQRコードを生成するように指定したとき、実際に生成されるのは198ピクセルx198ピクセルになります。
Copyright © 2018 GrapeCity inc. All rights reserved.